CSRに対する考え方

当社グループは、『経営理念』において、「安全最優先」、「社会的責任の全う」、「お客さまと社会のお役に立つ」の3点を、最重要の価値観と位置づけるとともに、「明るく豊かな未来の実現」に貢献し、お客さまにとって身近な存在であり続けたいという思いを込めています。
経営環境が大きく変化するなかでも、「お客さまと社会のお役に立つ」という変わらぬ使命を果たし続けるため、CSRを経営の基軸に据え、すべての事業活動を展開していきます。

「お客さまと社会のお役に立つ」という変わらぬ使命のために変わり続けます。

トップコミットメント

arrow私たちの基本姿勢

意識・行動面で『経営理念』の追求を支える『私たちの基本姿勢』は、当社グループと従業員一人ひとりの行動を方向づける基本的な考え方を示すものです。
当社グループは、公正な事業活動を通じて社会の持続的発展に貢献していきます。

arrow関西電力グループCSR行動憲章

当社グループは、6つのCSR行動原則からなる『関西電力グループCSR行動憲章』において、当社グループとしての基本方針や、一人ひとりの行動規範を定めています。
当社グループおよび役員、従業員は、このCSR行動原則に従って、全ての事業活動に取り組んでいきます。

arrowCSR調達方針

関西電力グループでは5項目からなる「調達活動の行動基準」を制定し、取引先に対しCSR調達方針の説明、浸透に努める活動に取り組んでいます。

関西電力グループでは、事業運営の透明性や健全性を保つことが重要であると考え、コーポレート・ガバナンスの充実に努めています。

当社は、社長を議長とするCSR 推進会議を設置し、当社グループ全体のCSR 推進に関する総合的な方針を策定し、具体的な活動を展開しています。

CSR