お知らせwhat's new

プレスリリース

2018

2018年7月18日
関西電力株式会社

本日(7月18日)の電力需給見通しおよび需給状況改善のための融通の受電について

 本日(7月18日)の当社エリアにおける電力需給見通しは、気温上昇による冷房需要の増加などから、16時~17時の時間帯で2,870万kWとなる見込みです。
 これに対しまして、関西電力として火力発電所の増出力運転など供給力を確保する対策および当社と事業者間で予め締結した契約による所定の需要抑制対策を実施しているものの、当社管内における供給力の合計は同時間帯で2,915万kW、使用率98%と厳しい電力需給状況になると想定しています。

 当社としては、当社エリアの需給状況改善のため、電力広域的運営推進機関に融通の受電をお願いしており、これを受けて、本日16時~17時までの間、東京電力パワーグリッド、中部電力、北陸電力、中国電力、四国電力から100万kWの供給を受ける指示を電力広域的運営推進機関から受けました。これにより本日の16時~17時の時間帯における当社エリアの供給力は3,015万kW、使用率95%となる見込みです。

 当社といたしましては、引き続き電力広域的運営推進機関のもと、電力の安全・安定供給に努めてまいります。

プレスリリース