よくあるご質問

10kW未満の太陽光発電については、なぜ余剰電力(使い切れずに余った電気)が買取対象になるのですか?

.調達価格等算定委員会にて取りまとめられた「平成24年度調達価格及び調達期間に関する意見」において、『余剰買取方式の場合、自己消費分を減少させることにより、太陽光発電の売電量が増やせるため、省エネルギーの促進効果がある』、『余剰買取方式から全量買取方式に移行する場合、設定する価格を変えなければ、太陽光発電による発電量が増えないにも関わらず、賦課金が増えることとなる』等の理由から、「太陽光発電の余剰電力買取制度」と同じく、余剰買取方式とされています。

このページを保存する
このページを保存中です

回答は問題解決のお役にたちましたか?

  • ◎

    役に立った

  • ◯

    少し役に立った

  • ―

    どちらでもない

  • △

    あまり役に
    立たなかった

  • ×

    役に立たなかった

  • ※送信ボタンを押す前に必ずご確認ください。
     個人情報の記入はご遠慮ください。個別の返信を希望される方は、後段のお問い合わせをご利用下さい。
関連リンク