よくあるご質問

原子力発電のメリットとはなんですか?

原子力発電は、安全の確保を大前提に、メリットとして大きく(主に)3つの点があると考えられています。

<燃料の安定供給が可能>
原子力発電の燃料となるウランは、石油に比べて政情の安定した国々に埋蔵されていることから、資源の安定確保が可能です。また、使い終わった燃料は再処理することで再び燃料として使用する事ができ、準国産のエネルギー資源になります。

<発電時にCO2を排出しない>
核分裂のエネルギーを利用する原子力発電は、発電の過程でCO2を排出しません。
発電時にCO2を排出しない原子力発電は、温暖化対策の一つとして期待されています。

<電気料金の安定に役立つ>
原子力発電の利点は、電気料金にも反映されています。
これは、発電コストに占める燃料費の割合が、火力発電などほかの発電方法に比べて低く、燃料費の高騰による発電コストの上昇を避けることができるためです。

詳しくは「エネルギー問題と原子力」をご覧ください。

出典:電気事業連合会

このページを保存する
このページを保存中です

回答は問題解決のお役にたちましたか?

  • ◎

    役に立った

  • ◯

    少し役に立った

  • ―

    どちらでもない

  • △

    あまり役に
    立たなかった

  • ×

    役に立たなかった

  • ※送信ボタンを押す前に必ずご確認ください。
     個人情報の記入はご遠慮ください。個別の返信を希望される方は、後段のお問い合わせをご利用下さい。
関連リンク