よくあるご質問

原子力発電が長期間停止することで家計にどんな影響があるの?

原子力発電所の停止が長期化する場合は、その分を火力発電で賄うことになるため、化石燃料の輸入に伴う燃料費が増加します。
資源エネルギー庁が原子力発電の稼動停止に伴う火力発電の焚き増しによる燃料費について試算したところ、2012年度は3.1兆円、2013年度には約3.6兆円、そして2014年度には3.4兆円の増加になると推計されています。
その結果、2012年度では8.2兆円の貿易赤字、2013年度では過去最大の13.8兆円の赤字を記録しており、日本の経済活動、ひいては所得、雇用環境などに悪影響が及び、経済成長や国民生活にダメージを与えることにつながると考えられます。

図:原子力停止の長期化による影響
参考資料:平成26年度エネルギーに関する年次報告(エネルギー白書2015)
http://www.enecho.meti.go.jp/about/whitepaper/2015pdf/

日本のエネルギー2014/資源エネルギー庁
http://www.enecho.meti.go.jp/about/pamphlet/pdf/energy_in_japan2014.pdf
このページを保存する
このページを保存中です

回答は問題解決のお役にたちましたか?

  • ◎

    役に立った

  • ◯

    少し役に立った

  • ―

    どちらでもない

  • △

    あまり役に
    立たなかった

  • ×

    役に立たなかった

  • ※送信ボタンを押す前に必ずご確認ください。
     個人情報の記入はご遠慮ください。個別の返信を希望される方は、後段のお問い合わせをご利用下さい。
関連リンク