よくあるご質問

原子力発電が長期間停止することで家計にどんな影響があるの?

東日本大震災以降、原子力発電の長期停止により、火力発電による発電電力量は大幅に増加しました。火力発電の大幅な増加により、2011年度から2016年度の6年間で約15.5兆円の追加燃料費が発生しています。
2016年度でみると、約1.3兆円の追加燃料費が発生しており、一般的なご家庭(4人家族)で考えると、約4万円/年を追加的に、資源国へ支払っていることになります。

原子力発電の停止により追加でかかった燃料費(実績)原子力発電の停止により追加でかかった燃料費(実績)

総合資源エネルギー調査会 電力・ガス基本政策小委員会
「電力需給検証報告書」などをもとに作成

このページを保存する
このページを保存中です

回答は問題解決のお役にたちましたか?

  • ◎

    役に立った

  • ◯

    少し役に立った

  • ―

    どちらでもない

  • △

    あまり役に
    立たなかった

  • ×

    役に立たなかった

  • ※送信ボタンを押す前に必ずご確認ください。
     個人情報の記入はご遠慮ください。個別の返信を希望される方は、後段のお問い合わせをご利用下さい。
関連リンク