よくあるご質問

原子力発電のしくみを教えてください。

原子力発電が電気を作るしくみは基本的には、火力発電と同じで、水を沸騰させて作った蒸気でタービンを回して電気を作ります。

違いは、水を沸騰させる方法で、火力発電が石油、LNG、石炭などの化石燃料を使うのに対して、原子力発電はウランの核分裂で発生した熱を使います。

日本の原子力発電所には主に加圧水型炉(PWR)と沸騰水型炉(BWR)の2種類がありますが、関西電力の原子力発電所は加圧水型炉(PWR)です。原子炉で熱せられた水で、別の系統の水を沸騰させ蒸気を作り、発電します。

詳しくは「図解:原子炉のしくみ」をご覧ください。

このページを保存する
このページを保存中です

回答は問題解決のお役にたちましたか?

  • ◎

    役に立った

  • ◯

    少し役に立った

  • ―

    どちらでもない

  • △

    あまり役に
    立たなかった

  • ×

    役に立たなかった

  • ※送信ボタンを押す前に必ずご確認ください。
     個人情報の記入はご遠慮ください。個別の返信を希望される方は、後段のお問い合わせをご利用下さい。
関連リンク