Insight時代を解くキーワード Presented by 関西電力
| HOME | このサイトについて | メルマガサンプル | 談話室 | 配信申込・解除 | お問い合わせ・ご意見 |
関西電力HPへ
Main Column Break Close up エナジー News Clip 関西電力 講堂(イベント/セミナー)
 

談話室
 

My Opinion
読者からの投稿をご紹介


「『能力主義』『成果主義』はなぜだめなのか」

太田 肇・滋賀大学経済学部教授

能力主義や成果主義が日本の社会を席巻しています。いっぽうでは、いったんそれを導入したものの、社員からの不公平感が高まったり、成果につながる仕事しかしなくなったりで制度を撤回する企業も目立ちます。
私は、多くの事例のように旧来の枠組みのなかでこうした制度を導入しても、社員の動機づけや生産性向上の効果は限られてくると思います。
拙著で恐縮ですが、『選別主義を超えて』(中公新書、2003年9月刊)では、人が人を評価し、組織の論理にもとづいて処遇することが困難になってきている現状を指摘し、「選別」にかわる新たなパラダイム(適応主義)の必要性について具体例を盛り込みながら論じています。
能力主義や成果主義のあり方についてはもちろん、働き方、人事・雇用制度、組織の役割について根底から見直すときがきているのではないでしょうか。■



Columnカテゴリ検索
政治・外交
経済・経営
社会・生活
文化・文明
科学・技術
電力・エネルギー
関西
サイト内全文検索
Insight時代を解くキーワード
Copyright (C) 2002-2008 KEPCO THE KANSAI ELECTRIC POWER CO., INC.