Insight時代を解くキーワード Presented by 関西電力
| HOME | このサイトについて | メルマガサンプル | 談話室 | 配信申込・解除 | お問い合わせ・ご意見 |
関西電力HPへ 関西電力HPへ
Main Column Break Close up エナジー News Clip 関西電力 講堂(イベント/セミナー)
 

News Clip 関西電力
 

「関西グリーン電力基金、2005年度助成先決定」

2005.07.01

もっと光を、もっと風を──お客さまからの寄付金と関西電力の寄付金によって太陽光・風力など新エネルギー発電設備の建設を助成する「関西グリーン電力基金」の2005年度助成先が決定した。淡路島における設備出力37,500kWという大規模ウインドファーム事業への助成1件をはじめ、太陽光発電設備を建設する小学校や市民病院などへの助成8件、環境教育目的用発電設備1件、総額約2200万円の助成を行った。■


プレスリリース


「原子力事業本部、組織改正」

2005.07.01

地域とともに──関西電力は2005年6月29日、原子力発電所支援機能および福井における地域対応機能を強化するため、組織改正を決定した。発電所実態に即した直接的・積極的な支援体制を構築するため、原子力事業本部を若狭支社と統合し、発電所近傍の福井県美浜町に移転。同時に、立地地域から一層の信頼を得て、円滑に原子力事業運営を推進するため、原子力事業本部に「地域共生本部」を設置し、福井市に配置、地域対応機能を一元化・強化する。一方、将来的な競争力に重大な影響を及ぼす原子燃料サイクル事業に係る中長期戦略等については、全社的課題と位置づけ、本店に「原子燃料サイクル室」を設置、原子力事業本部から当該機能を移管する。今後必要な手続きを進め、2005年7月中旬以降、組織改正を実施する。■

プレスリリース


「『エコリーフ環境ラベル』認証、更新」

2005.07.01

環境に優しい電気――関西電力の「系統電力」が「エコリーフ環境ラベル」の認証を更新した。このラベルは、環境に関する国際規格ISO14040シリーズに基づくLCA手法で算出した製品の定量的な環境負荷データを、第三者認証によるラベルとして開示するもの。一昨年、エネルギーサービス分野で関西電力が初めて取得した。認証を受けた主な環境データのうち、発電に伴う電気使用量1kWhあたりのCO2排出量は2004年度実績値で0.356kg-CO2/kWh、2000年度からの5カ年平均値では0.284 kg-CO2/kWhとなっている。関西電力は今後も引き続きCO2排出量の削減に取り組み、環境情報の開示を通じてお客さまの信頼に応えたいとしている。■

プレスリリース



Columnカテゴリ検索
政治・外交
経済・経営
社会・生活
文化・文明
科学・技術
電力・エネルギー
関西
サイト内全文検索
バックナンバー

Insight時代を解くキーワード
Copyright (C) 2002-2008 KEPCO THE KANSAI ELECTRIC POWER CO., INC.