Insight時代を解くキーワード Presented by 関西電力
| HOME | このサイトについて | メルマガサンプル | 談話室 | 配信申込・解除 | お問い合わせ・ご意見 |
関西電力HPへ 関西電力HPへ
Main Column Break Close up エナジー News Clip 関西電力 講堂(イベント/セミナー)
 

News Clip 関西電力
 

■お詫び:火力発電所の定期事業者検査に関する自主調査結果について■

2004.11.01

当社は、2004年10月26日、火力発電所の定期事業者検査に関する自主調査結果について、近畿経済産業局に報告書を提出いたしました。

これは、関西国際空港エネルギーセンターの定期事業者検査において、検査記録の不備をはじめとする不適切な事項があったことから(2004年6月1日News Clip、6月28日臨時号にて既報)、他の10カ所の火力発電所を含め、初回の「安全管理審査」受審後の全ての「定期事業者検査」について追加調査を行ったもので、調査の結果、「計測値・管理基準値を書き換えたもの」が14件ありました。

主な原因は、2000年7月の「安全管理審査制度」導入に際し、本店火力部門において「品質システム」構築時の対応が適切でなかったことや、火力部門におけるコンプライアンス意識の浸透が十分でなかったことなどです。

今回の件に関し、改めて深くお詫び申し上げますとともに、今後二度と同様のことを起こさないために、「品質システム」の適正化など、再発防止対策の徹底に取り組み、信頼の回復に努めてまいります。■

プレスリリース


「2004年度上期、営業概況」

2004.11.01

暑い夏――10年ぶりの冷夏だった2003年とはうってかわり、猛暑・酷暑が続いた今年の夏。冷房需要が大幅に増加したことなどから、関西電力の2004年度上期の販売電力量は、746億7百万kWhとなり、対前年比105.1%と、3期ぶりに前年実績を上回った。また大口電力(契約電力500kW以上の産業用需要)は、需要が回復傾向にあることなどから、対前年比103.5%と、2期連続で前年実績を上回った。■

プレスリリース


「台風による電気料金等の特別措置を実施」

2004.11.01

秋冷の台風。被災されたみなさまに、お見舞い申し上げます――関西電力は、2004年10月20日の台風23号により災害救助法が適用された市町村およびそれらの隣接地域において、床上浸水等の被害に遭われたお客さまからお申し出があった場合、電気料金等の特別措置を講じることとし、経済産業省の認可を受けた。9月29日の台風21号時に続く2度目の措置。今回の対象地域は、兵庫県・京都府の一部などで、支払期限の延長や不使用月の電気料金免除、工事費負担金の免除などを行っていく。■

プレスリリース


「竹の炭化によるCO2固定・有効利用研究、本格スタート」

2004.11.01

竹の炭が地球温暖化防止に効く!?――関西電力は、「竹の炭化」に着目した地域密着型のCO2固定・有効利用研究を、舞鶴市で本格的に開始する。竹林拡大による森林被害が全国的な問題になるなか、成長の早い竹を伐採し炭化することで、大気中のCO2を竹炭として長期的・安定的に固定、地球温暖化防止と地域環境改善を同時達成しようというものだ。2004年11月1日には舞鶴自然文化園内に、山小屋風の研究施設が完成。竹材の炭化研究をはじめ、この竹炭を水質浄化や土壌改良材等へ有効利用するための実証研究を進めていく。■

プレスリリース



Columnカテゴリ検索
政治・外交
経済・経営
社会・生活
文化・文明
科学・技術
電力・エネルギー
関西
サイト内全文検索
バックナンバー

Insight時代を解くキーワード
Copyright (C) 2002-2008 KEPCO THE KANSAI ELECTRIC POWER CO., INC.