Insight時代を解くキーワード Presented by 関西電力
| HOME | このサイトについて | メルマガサンプル | 談話室 | 配信申込・解除 | お問い合わせ・ご意見 |
関西電力HPへ 関西電力HPへ
Main Column Break Close up エナジー News Clip 関西電力 講堂(イベント/セミナー)
 

News Clip 関西電力
 

■関西国際空港エネルギーセンターの定期事業者検査に関するお詫びについて■

2004.06.01

この度、関西国際空港エネルギーセンターの定期事業者検査において、検査記録の不備をはじめとする不適切な事項があったことにつきまして、誠に申し訳なく、心よりお詫び申し上げます。

今後、関西国際空港エネルギーセンターは、再発防止対策の徹底を図るとともに、定期事業者検査について対策を徹底してまいります。
また、他の10箇所の火力発電所の定期事業者検査についても、きめ細かく調査を行ったうえで厳正に対処し、今後、二度と同様の問題が発生しないよう再発防止対策を徹底してまいります。
なお、調査結果につきましては結果がまとまり次第公表する予定としております。■

プレスリリース


「04年3月期決算」

2004.06.01

「減収・増益」――関西電力は2004年3月期決算を発表した。電気事業では、住宅分野でオール電化住宅7.8万件(前年度比+30.2%)、産業・空調分野で業務用複合電化システム1.7千件(同+31.5%)を獲得したものの、冷夏暖冬による冷暖房需要の落ち込みで販売電力量は減少。2002年10月からの料金引き下げによる収入減も響き、減収となった。一方、支出面では、早期退職優遇措置に伴う退職給与金の減少や、豊水による水力発電電力量の増加で火力発電用の燃料費が減少。加えて、火力発電所の長期計画停止等による修繕費の削減をはじめ、経営全般にわたる徹底した効率化に努めた結果、増益となった。今回の決算では、関西電力グループとして展開している情報通信事業が増収増益で、初の単年度黒字となったことも特筆される。2004年度は、電力小売自由化範囲の拡大に伴う競争激化や企業のストック調整が続いていることなどから総販売電力量の減少が見込まれるものの、グループ全体での売上拡大と経営効率化に努め、利益の上積みを図りたいとしている。■

プレスリリース

電力10社の2004年3月期連結決算
  売上高 経常利益 当期純利益
北海道 5,172(▲0.3) 520( 29.9) 408(  57.6)
東 北 15,627(▲2.0) 1,104(  4.6) 510(▲17.5)
東 京 48,538(▲1.3) 3,077( 13.5) 1,495(▲ 9.5)
中 部 21,010(▲3.4) 1,849(  8.1) 1,147(  7.7)
北 陸 4,514(▲6.4) 339(  2.6) 163(▲22.4)
関 西 25,401(▲2.9) 1,873(  7.2) 901(  12.0)
中 国 9,670(▲4.2) 638(▲6.5) 428(▲ 2.8)
四 国 5,618(▲3.9) 408(  1.0) 274(  6.9)
九 州 13,916(▲2.1) 1,144( 29.8) 727( 13.2)
沖 縄 1,486(  2.4) 88(  5.4) 54(  7.3)
単位:億円。億円未満切り捨て。( )内は前年度比増減率%


Columnカテゴリ検索
政治・外交
経済・経営
社会・生活
文化・文明
科学・技術
電力・エネルギー
関西
サイト内全文検索
バックナンバー

Insight時代を解くキーワード
Copyright (C) 2002-2008 KEPCO THE KANSAI ELECTRIC POWER CO., INC.