Insight時代を解くキーワード Presented by 関西電力
| HOME | このサイトについて | メルマガサンプル | 談話室 | 配信申込・解除 | お問い合わせ・ご意見 |
関西電力HPへ 関西電力HPへ
Main Column Break Close up エナジー News Clip 関西電力 講堂(イベント/セミナー)
 

News Clip 関西電力
 

「設備総合管理の新会社、設立」

2004.02.01

中小ビルや工場のお客さまに、設備全般に関する総合管理サービスを中心としたトータルソリューションを提供――関西電力は2004年1月、新会社「関電ファシリティマネジメント」を設立。電気事業で培った電気や空調など設備全般のコンサルティングから設計・施工・保守・運用等を一括して行うファシリティマネジメントサービスを提供。併せて、お客さまのニーズに応じて、情報通信や人材派遣、事業所給食などの業務支援サービスも提供していく。いわばお客さまの相談窓口としてハード・ソフト両面からビジネスサポートを行うことで、5年後の2008年度には売上約14億円をめざしている。■

プレスリリース


「柱上変圧器資源リサイクルセンター、竣工」

2004.02.01

PCB(ポリ塩化ビフェニル)を分解・除去して柱上変圧器を再資源化――関西電力が大阪市此花区で建設していた「柱上変圧器資源リサイクルセンター」が、大阪市の産業廃棄物処理施設使用前検査に合格、竣工した。同センターは、関西電力が保有する極く微量のPCBが混入した柱上変圧器の絶縁油とケースを、独自の処理技術(特許取得)により周辺環境に影響を与えず安全に無害化し、再資源化する施設。処理後の絶縁油は燃料に再利用するとともに、ケースは金属材料として再資源化を図る。ちなみに柱上変圧器とは、電柱の上についている円筒形の機器で、6千ボルトの配電線から各家庭で使用する100−200ボルトに電圧を落とすためのもの。■

プレスリリース


「冬季最大の記録更新」

2004.02.01

寒波襲来――大阪の最低気温マイナス2.2℃、最高気温が2.5℃という厳しい冷え込みに見舞われた2004年1月22日、関西電力の1日の総使用電力量は5億1927万7千kWh、と冬季過去最高を記録。また同日18時、気温0.2℃のなかで最大電力が2624万kWと、これも冬季過去最高を記録した。気温低下による暖房需要の増加が主な要因とのことだ。■

プレスリリース
プレスリリース



Columnカテゴリ検索
政治・外交
経済・経営
社会・生活
文化・文明
科学・技術
電力・エネルギー
関西
サイト内全文検索
バックナンバー

Insight時代を解くキーワード
Copyright (C) 2002-2008 KEPCO THE KANSAI ELECTRIC POWER CO., INC.