Insight時代を解くキーワード Presented by 関西電力
| HOME | このサイトについて | メルマガサンプル | 談話室 | 配信申込・解除 | お問い合わせ・ご意見 |
関西電力HPへ 関西電力HPへ
Main Column Break Close up エナジー News Clip 関西電力 講堂(イベント/セミナー)
 

News Clip 関西電力
 

「レーザー光で風況調査」

2003.09.01

風力発電による発電電力量予測の誤差が半減する──。関西電力は、三菱電機と共同でレーザー光を用いて風力発電所建設地点の風況(風速・風向)を詳細かつ経済的に計測できる装置を開発した。一般に風況調査は、高さ30〜40mのポールを設置して、頂上の風速・風向を測定し、大型風車の中心にあたる60m地点の風況を推測する手法をとるため、データの大部分は推定値となり、調査結果と実際の発電電力量の間に最大約30%の誤差が生じていた。そこで開発されたのが、今回の観測装置。地上60m地点にレーザー光を照射し、空気中の塵に当たったレーザー光の反射度合いを見ることで、極めて正確に風速・風向を測ることができる。従来の方法で風況観測しているサイトに併設して短期間の追加観測を行い、1年間の3次元的な風況予測ができる独自の新手法を組み合わせることで、誤差は約15%に半減。半径2km以内であれば3次元的にさまざまな地点での実測が可能なため、何本もポールを立てる必要がなく、調査コストも大幅に低減できる。関西電力では今後、風力発電建設候補地の調査に使用するほか、グループ会社が実施している風力発電コンサルティング事業での採用も検討している。 ■

プレスリリース


「環境に、人にやさしい2事業、本格スタート」

2003.09.01

ニューフェイス戦列入り――。関西電力の新規事業会社が相次いで本格稼働を開始した。2003年8月20日、発泡スチロール等の廃棄物に含まれるポリスチレンのリサイクル事業会社「関電エコメルツ」の再生工場が竣工、営業運転を開始した。同社は関西電力社員の提案で設立された社内ベンチャーで、社員が独自開発・特許申請した石油系溶剤「エコメルツ溶剤」を用いてポリスチレンを完全リサイクルする。工場は年間1950tのポリスチレン処理能力を持つが、既に引き合いも多く、2005年には処理能力を2倍に増やす予定だ。また8月24日には、癌を超早期に発見できる陽電子放射断層撮影装置(PET)3台を有する「PET画像診断センター」がオープン。4月設立の会員制ヘルスケアサポート事業会社「関西メディカルネット」を通じて、9月1日、高度健診から高度医療まで健康管理を一元的にサポートする「メディカルサポートシステム」のサービスを開始した。PETと光ファイバーネットワークを用いた総合的なヘルスケアサポート事業は国内初となる。■

関西メディカルネット



Columnカテゴリ検索
政治・外交
経済・経営
社会・生活
文化・文明
科学・技術
電力・エネルギー
関西
サイト内全文検索
バックナンバー

Insight時代を解くキーワード
Copyright (C) 2002-2008 KEPCO THE KANSAI ELECTRIC POWER CO., INC.