Insight時代を解くキーワード Presented by 関西電力
| HOME | このサイトについて | メルマガサンプル | 談話室 | 配信申込・解除 | お問い合わせ・ご意見 |
関西電力HPへ 関西電力HPへ
Main Column Break Close up エナジー News Clip 関西電力 講堂(イベント/セミナー)
 

News Clip 関西電力
 

「ブータン王国でCDM事業」

2003.08.15

ブータン王国の未電化の村に水力発電所を建設する事業が、京都議定書で定められた地球温暖化防止策の一つ「クリーン開発メカニズム(CDM)」事業として政府承認を受けた。日本政府に承認されたCDM/JI(共同実施)プロジェクトとしては5件目にあたる。CDMとは、途上国と先進国が共同で事業を実施することで、それによるCO2削減分を先進国(投資国)が自国の削減目標達成に利用できる制度。今回の事業では、年間約500トンCO2のクレジット獲得となる。事業は、世界の主要電力会社で構成するe7のプロジェクトとして推進するもので、関西電力が代表して承認申請を出していた。現在、プロジェクト・パートナーであるブータン王国との最終合意に向けて、詳細の調整を行っている。 ■

経済産業省プレスリリース


「第1Q決算、発表」

2003.08.15

そういえば今年の桜は遅かった――関西電力の第1四半期は、春先の気温が低く推移し暖房需要が増加したことに加え、輸出向けなどで生産が増加、総販売電力量は前年同期比2.3%増。グループ事業においても、当四半期において通信事業会社ケイ・オプティコムが黒字になるなど、順調に推移している。初めての四半期決算発表となった今回、足元の業績動向をより的確に投資家に伝えるため、「四半期業績の概況」として義務づけられた範囲だけでなく、連結損益情報や連結財政状態を自主的に開示している。■

プレスリリース



Columnカテゴリ検索
政治・外交
経済・経営
社会・生活
文化・文明
科学・技術
電力・エネルギー
関西
サイト内全文検索
バックナンバー

Insight時代を解くキーワード
Copyright (C) 2002-2008 KEPCO THE KANSAI ELECTRIC POWER CO., INC.