Insight時代を解くキーワード Presented by 関西電力
| HOME | このサイトについて | メルマガサンプル | 談話室 | 配信申込・解除 | お問い合わせ・ご意見 |
関西電力HPへ
Main Column Break Close up エナジー News Clip 関西電力 講堂(イベント/セミナー)
 

News Clip 関西電力
 

「発泡スチロール、リサイクル事業を開始」

2003.01.01

廃棄物処理で厄介な発泡スチロール。現在大半が焼却や埋め立て処分されており、一部で熱溶融によるリサイクルが行われているものの、紙など不純物の除去に手間やコストがかかり、材料リサイクルは全廃棄量の4割弱にとどまっている。関西電力はこうした発泡スチロール等の廃棄物に含まれるポリスチレンを完全リサイクルする事業を開始する。2002年12月、社員からの提案を受けて社内ベンチャー会社「関電エコメルツ株式会社」を設立。事業は社員が独自開発・特許出願した石油系溶剤「エコメルツ溶剤」を用いて行うもので、リサイクルプラント運営を行う「関電エコメルツ」を中心に、溶剤の製造・卸売を行う「イーガグローバルカンパニー(有)」、溶剤を廃棄物処理事業者等に販売する「エコメルツ手法協会」の3団体が分業して推進。このビジネスモデルについても特許を出願している。■

プレスリリース


「御坊第2発電所、操業延期」

2003.01.01

御坊に2つ目の人工島発電所ができるのは15年後──関西電力が和歌山県御坊市沖で進めていた、人工島の火力発電所「御坊第2発電所」の埋め立て工事がスローダウンする。景気低迷や電力自由化などの影響により、建設工程を見直さざるを得なくなったもので、当初2007年に1号機の運転開始を予定していたが、2018年へと延期。1号機以外の3基は2019年以降とすることにした。■

プレスリリース



Columnカテゴリ検索
政治・外交
経済・経営
社会・生活
文化・文明
科学・技術
電力・エネルギー
関西
サイト内全文検索
バックナンバー

Insight時代を解くキーワード
Copyright (C) 2002-2008 KEPCO THE KANSAI ELECTRIC POWER CO., INC.