Insight時代を解くキーワード Presented by 関西電力
| HOME | このサイトについて | メルマガサンプル | 談話室 | 配信申込・解除 | お問い合わせ・ご意見 |
関西電力HPへ
Main Column Break Close up エナジー News Clip 関西電力 講堂(イベント/セミナー)
 

News Clip 関西電力
 

「CO2を石炭層に」

2002.08.15

地球がだんだん暑くなる──地球温暖化の進展を、肌で実感させられてるような2002年夏。温暖化の元凶であるCO2を地中深くの石炭層に閉じこめてしまおうというプロジェクトが動き出した。資源エネルギー庁が2002年度から5カ年計画で推進する「CO2炭層固定化技術開発プロジェクト」を、このほど関西電力が受託。石炭は1トンあたり50kgのCO2を吸収する特性を持っており、廃止した炭鉱や未採掘の炭田を利用すれば、日本全体で100億トンものCO2を吸収・固定できるという試算もある。以前からCO2回収研究に取り組んできた関西電力は、今回、火力発電所の排煙から分離・回収したCO2を地中800m以上の深部石炭層に圧縮注入し固定する技術の確立を狙う。同時に、CO2吸着に伴い石炭から遊離するメタンを回収、エネルギーとして有効活用することで、一石二鳥の効果も狙っている。今回のプロジェクトでは、子会社である関西総合環境センターが事業主体となり、関西電力はじめ大学やメーカー、団体など12者の共同体制で技術開発を進めていく。■

プレスリリース



Columnカテゴリ検索
政治・外交
経済・経営
社会・生活
文化・文明
科学・技術
電力・エネルギー
関西
サイト内全文検索
バックナンバー

Insight時代を解くキーワード
Copyright (C) 2002-2008 KEPCO THE KANSAI ELECTRIC POWER CO., INC.