Insight時代を解くキーワード Presented by 関西電力
| HOME | このサイトについて | メルマガサンプル | 談話室 | 配信申込・解除 | お問い合わせ・ご意見 |
Main Column Break Close up エナジー News Clip 関西電力 講堂(イベント/セミナー)
 

関連資料
 

「『アート』への視点──時代・風土・創造性」

「Yo.Yamamoto」の基礎知識:

 

●「山本容子展─2003年 私の時間旅行」より


《ロートレック》 2002年 エッチング、手彩色 和紙
《ロートレック》 2002年 エッチング、手彩色 和紙





《モジリアニ》 2002年 エッチング、手彩色 和紙
《モジリアニ》 2002年 エッチング、手彩色 和紙





《1934年 パリ、ルーアン間の自動車レース》 2002年 エッチング、手彩色 和紙
《1934年 パリ、ルーアン間の自動車レース》 2002年 エッチング、手彩色 和紙







●プロフィール

Yoko Yamamoto/やまもとようこ

◇略歴◇
銅版画家。1952年埼玉県浦和市生まれ、大阪育ち。1978年京都市立芸術大学西洋画専攻科修了。抜群の構成力と印象的な色使いで、洒脱で洗練された雰囲気をもつ独自の銅版画の世界を確立。アートをもっと身近に感じてほしいと願い、書店もひとつのギャラリーであるという発想のもとに、吉本ばなな『TUGUMI』をはじめ、数多くの書籍の装幀、挿画を手がける。アクセサリーや食器、舞台衣装のデザインから、CM出演、CD制作まで幅広いメディアで活躍するほか、近年では音楽ホールやウエディングチャペルの壁画制作、国際博覧会(ドイツ・ハノーバー)への出品から表参道のビル新築工事仮囲いのアートワークプロジェクトまで、パブリックアートやプロデュースのジャンルにも活動の場を広げる。01年6月から02年8月まで朝日新聞連載小説池澤夏樹著「静かな大地」の挿画を担当。また、朝日新聞社主催「山本容子の美術遊園地」展は2003年3月まで全国10会場を巡回し話題を呼んだ。絵本・エッセイも多く、近著として『わたしの時間旅行』(マガジンハウス)を03.3月に刊行。本画文集の作品群全377点を、「山本容子展―2003年 私の時間旅行」と題して、パリ(3月)を皮切りに東京(5/23〜6/5)、名古屋(6/10〜6/17)、福岡(6/21〜6/29)、大阪(7/2〜7/10)の日動画廊にて展覧会開催。

山本容子公式HP>> http://y-yamamoto.cplaza.ne.jp/



◇主な受賞歴◇
1978年 第2回日本現代版画大賞展西武賞
1980年 エイボン女性年度賞芸術賞 京都市芸術新人賞
1983年 第4回韓国国際版画ビエンナーレ優秀賞
1992年 第23回講談社出版文化賞ブックデザイン賞
    (『Lの贈り物』集英社 デザイン/坂川栄治)



◇パブリック・コレクション◇
東京国立近代美術館/高知県立美術館/埼玉県立近代美術館/栃木県立美術館/いわき市立美術館/韓国国立現代美術館/大阪府堺市/国際マルチメディアセンター・岐阜ソフトピアジャパンセンタービル内壁画(1996年)/岩田屋Z-SIDE(福岡)内エレベーターホール、モザイク壁画(1996年)/東洋ビルディング(株)エスパス北新地11(大阪)内フロア、モザイクデザイン(1996年)/すみだトリフォニーホール(東京)小ホール、ホワイエ壁画(1997年)/ホテルニューオータニ大阪内チャペル「エンジェルズ・アイ」(2000年)/横浜西口地下街モザイク壁画(2000年11月竣工)/JR東日本東京支社ビル3Fロビー ステンドグラス(2002年)



◇著作◇
作品集
『山本容子PRINTS』(阿部出版1990年)
『Lの贈り物』(集英社1991年)
『Illustrations』(講談社1991年)
『シェイクスピアのソネット』(文藝春秋1994年)
『展覧会の展覧会』(朝日新聞社1999年9月)

テキスト
「NHK趣味悠々 山本容子のエッチング入門」(日本放送出版協会1998年)

画文集
『ルーカス・クラナッハの飼い主は旅行が好き』(徳間書店1989年)
『ルーカス・クラナッハの飼い主のメキシコ旅行』(徳間書店1992年)
『女』(中央公論新社1996年)
『女・女』(中央公論新社1998年)
『わたしの美術遊園地』(マガジンハウス1999年10月)
『プラハ旅日記』(文化出版局2001年7月)
『グリーティング』(講談社2001年12月)
『本の話 絵の話』(文藝春秋2001年12月)
『わたしの時間旅行』(マガジンハウス2003年3月)

写真集
『去年の夏、突然に』操上和美撮影。(中央公論新社2002年1月)

装丁・挿画
『クリスマスの思い出』文/T.カポーティ 訳/村上春樹(文藝春秋1990年)
『赤毛のアン』 文/L.M.モンゴメリー 訳/掛川恭子(講談社1991年)
『人物画』文/ケイト・クリッペンスティーン(文藝春秋1993年)
『花のレクイエム』文/辻邦生(新潮社1996年)
『すてきなジェニファー』文/村上龍(新書館1996年)
『ユリシーズ』1〜6・12 文/ジェイムズ・ジョイス 訳/柳瀬尚紀(河出書房新社1997年)
『音楽のつつましい願い』文/中沢新一(筑摩書房1998年)
『淀川長治 ぼくの映画百物語』文/淀川長治(平凡社1999年)
『ファウスト』文/ゲーテ 訳/池内紀(集英社・部1999年10月、・部2000年2月)
『デューク』文/江國香織(講談社2000年11月)
『ケツァル鳥の館』児嶋桂子訳 (文藝春秋2001年11月)

絵本
『ロシアのアルファベット』文/中原佑介(日本放送出版協会1990年)
『アポリネール動物詩集』G.アポリネール著、窪田般彌訳(評論社1991年)
『兵士の物語』文/中原佑介(評論社1992年)
『白雪姫』文/高津美保子(ほるぷ出版1992年)
『犬のルーカス』(ほるぷ出版1994年)
『Alice In Wonderland』 L.キャロル著、むなかたあゆむ訳(ラボ教育センター1994年)
『おこちゃん』(小学館1996年)
『Angel’s Eye〜天使たちの降りるとき〜』CD+絵本(東芝EMI+講談社1998年)
『はなうた巡礼』(講談社2000年)
『絵本 ファウスト』ゲーテ文 池内紀訳(集英社2000年)
『Angel’s Tears』CD+絵本(東芝EMI+講談社2000年12月)
『絵本 フランスの頑固なレシピ』(講談社2001年3月)



◇主な展覧会歴◇



1975年 <個展>アート・コアギャラリー(京都)
1976年 <個展>ガレリア・グラフィカ(東京)以後隔年個展開催
1979年 <個展>ギャルリー・ユマニテ(名古屋)以後隔年個展開催
1980年 日本版画 栃木県立美術館
Final’80 兵庫県立近代美術館
1981年 アート・ナウ’77―’80 兵庫県立近代美術館
Art Pop Japan ICA(ロンドン)
1982年 第5回現代日本絵画展 宇部市文化会館
今日の作家展 横浜市民ギャラリー
1984年 版画の今日展 埼玉県立近代美術館
グラフィック・アート・デザイン 富山県立近代美術館
1985年 現代のセルフ・ポートレイト 埼玉県立近代美術館
日本の版画 栃木県立美術館
1986年 現代版画の表現と技法 練馬区立美術館
1990年 現代の版画 渋谷区松濤美術館
<個展>Galerie d’Art International(パリ)
1991年 山本容子展 阪急百貨店(東京)
BOOK WORK展 パルコギャラリー(札幌、名古屋、東京)
『Lの贈り物』原画展 丸善(東京、名古屋)
1993年 山本容子展 大丸ミュージアム梅田
クリスマスの贈り物展 名古屋市美術館
山本容子のブックワーク展 恵比寿三越
1996年 山本容子ウォール・エキジビション
和歌山県立近代美術館、高知県立美術館
1996年 山本容子ウォール・エキジビション
和歌山県立近代美術館、高知県立美術館
1997年 ルイ・ヴィトン「トラベル・ノートブック」原画展
(国内10箇所のほか、パリ、ハンブルグを巡回)
1998年 「オペラ・レッスン」ギンザ・グラフィック・ギャラリー
「山本容子展〜100人の女〜」恵比寿三越、福岡岩田屋Z-Side
「山本容子〜エンジェルズ・アイ〜」新宿伊勢丹美術館
1999年 「山本容子〜エンジェルズ・アイ〜」梅田阪急
「山本容子展〜100人の女〜」大丸心斎橋 (4月)、仙台藤崎(6月)
「新しい茶の空間199999」(田中一光、坂茂とのコラボレーション)
「展覧会の展覧会」JR京都伊勢丹
2000年 「山本容子〜レクイエム〜」梅田阪急(2月)
「山本容子新作展〜ゲーテのファウスト〜」
ガレリア・グラフィカ(7月〜8月)
「山本容子展〜100人の女〜」新潟伊勢丹/松戸伊勢丹(9月〜10月)
「山本容子〜Angel's Eyes and Tears〜」鎌倉芸術館(12月)
2002年 「山本容子の美術遊園地」
新宿・伊勢丹美術館/大丸ミュージアムKOBE/大丸ミュージアム・心斎橋/名古屋・松坂屋美術館/高知県立美術館/和歌山県立近代美術館/富山県立近代美術館/福岡天神・岩田屋/鹿児島・長島美術館/うらわ美術館(2002年1月〜2003年3月巡回)
「山本容子の青春映画館」Bunkamuraギャラリー(10月)
2003年 「山本容子展-2003年 私の時間旅行-」
日動画廊パリ(3月)、銀座本店(5月)、名古屋・福岡(6月)、大阪(7月)
(2003.4)








●もっと知りたい!

●山本容子オフィシャルサイト・はなうた工房
http://y-yamamoto.cplaza.ne.jp/
作品はもちろん、近況報告や、自伝エッセイ「わたしの美術観覧車―山本容子ができるまで」など多彩に紹介。



Columnカテゴリ検索
政治・外交
経済・経営
社会・生活
文化・文明
科学・技術
電力・エネルギー
関西
サイト内全文検索
Insight時代を解くキーワード
Copyright (C) 2002-2008 KEPCO THE KANSAI ELECTRIC POWER CO., INC.