Insight時代を解くキーワード Presented by 関西電力
| HOME | このサイトについて | メルマガサンプル | 談話室 | 配信申込・解除 | お問い合わせ・ご意見 |
関西電力HPへ
Main Column Break Close up エナジー News Clip 関西電力 講堂(イベント/セミナー)
 

関連資料
 

「『コンプライアンス』への視点──攻めのリスク管理戦略」

「コンプライアンス経営」の基本:

 弁護士畑中鐵丸氏著『アメリカ式戦略的コンプライアンス経営』(弘文堂)より、
 コンプライアンス経営の基本を紹介しよう。

●企業を取り巻くコンプライアンス環境

企業を取り巻くコンプライアンス環境
弁護士畑中鐵丸著『アメリカ式戦略的コンプライアンス経営』(弘文堂)より



●コンプライアンス経営にまつわる誤解
(法令遵守経営と倫理経営との異同)

  法令遵守経営 倫理経営
背景にある考え方 性悪説
(利益の最大化を使命とする集団組織である企業に関わるプレイヤー<役員・従業員>は必ず法を破る可能性がある。すなわち、企業不祥事の根絶は不可能)
性善説
(経営効率と法令遵守という2つの課題の同時達成は、倫理教育を浸透すれば可能である。すなわち、企業不祥事の根絶は可能)
アプローチ方法 「法律問題」として取組む。
法的に強制力のあるルール・マニュアルの整備。
「倫理問題」として取組む。
(法的に価値のない)倫理綱領の策定。
プログラムのゴール 不祥事が発生した場合に、企業としての一定の努力を尽くしたこと(取締役が善管注意義務を尽くしていたこと)を証明するエビデンスの採取 社員モラルの向上
有事対策 「企業活動が活発になれば不祥事が不可避となる」という想定の下、確実に機能をするように具体的にプログラム化 あまり重視しない
終身雇用制との親和性 終身雇用制には全く依存しない
(従業員の出入りが激しくなっても、一時雇用者や派遣労働者が増えても、不祥事への対応力は変わらない)
終身雇用制を背景とした高い従業員の士気に依存
(従業員の出入りが激しくなったり、一時雇用者や派遣労働者が増えた場合、不祥事への対応力は弱まる)
プログラムを策定・運用する外部専門家のイメージ 法律専門家(弁護士)が必要 法律専門家(弁護士)は必ずしも必要ではない
畑中鐵丸弁護士の資料より



●リスク対応、日米企業の違い

畑中鐵丸弁護士によれば、往々にして日本企業が取りがちなリスク対応は、アメリカ企業とは大きく違う

  アメリカ企業 日本企業
リスクへの
対応
・リスクを徹底的に分析
・自社の計画する事業活動を特定
・予想されるリスクが顕現する場面を具体的にシミュレート
・リスクが顕現した場合の行動手順の整備
・先例重視
・他社の動向に依存
・当局の意向に無批判に従う
法的リスクが具体化した場合の対応 ・徹底した事実調査を早急に行う
・調査中はノーコメントで通す(最短期間でコメントを出せるよう努力している旨を堂々とアピールする)
・判明した事実を適切かつ最終的な声明として発表
・事実調査の前に事実隠しを行う
・調査はするものの身内だけで行う
・調査途中で、不確定情報も含めて情報をダラダラ出す
・「とりあえずの謝罪」を行い、事態の沈静化を図る
・とにかくひたすら頭を下げて、嵐が通り過ぎるのを待つ
弁護士畑中鐵丸著『アメリカ式戦略的コンプライアンス経営』(弘文堂)より



●アメリカにおけるコンプライアンスの「徹底化」戦略

アメリカにおけるコンプライアンスの「徹底化」戦略
弁護士畑中鐵丸著『アメリカ式戦略的コンプライアンス経営』(弘文堂)より



●コンプライアンス・プログラム策定時に考慮すべきファクター

コンプライアンス・プログラム策定時に考慮すべきファクター
弁護士畑中鐵丸著『アメリカ式戦略的コンプライアンス経営』(弘文堂)より



●コンプライアンス・プログラム策定前から策定後の流れ

コンプライアンス・プログラム策定前から策定後の流れ
弁護士畑中鐵丸著『アメリカ式戦略的コンプライアンス経営』(弘文堂)より



●失敗を活かす

失敗を活かす
弁護士畑中鐵丸著『アメリカ式戦略的コンプライアンス経営』(弘文堂)より


Columnカテゴリ検索
政治・外交
経済・経営
社会・生活
文化・文明
科学・技術
電力・エネルギー
関西
サイト内全文検索
Insight時代を解くキーワード
Copyright (C) 2002-2008 KEPCO THE KANSAI ELECTRIC POWER CO., INC.