Insight時代を解くキーワード Presented by 関西電力
| HOME | このサイトについて | メルマガサンプル | 談話室 | 配信申込・解除 | お問い合わせ・ご意見 |
関西電力HPへ
Main Column Break Close up エナジー News Clip 関西電力 講堂(イベント/セミナー)
 

関連資料
 

「『消費』への視点──関西人の購買行動」

「消費」の周辺:

●コンビニはやっぱり東京文化?

経済産業省「商業販売統計」2001年度のデータをもとに、地域別人口で試算すると、コンビニの販売額・店舗数とも北海道、関東が多い。


地域別・1人あたりコンビニ販売額と店舗数 2001年度
地域別・1人あたりコンビニ販売額と店舗数2001
経済産業省「商業販売統計」2001年度版のデータをもとに試算




●2001年 勤労者世帯1カ月の平均実収入は、約55万円

総務省「家計調査年報」によれば、2001年の勤労者世帯の平均月収(実収入)は約55万円で、4年連続前年比減。
*世帯平均=世帯人員    3.47人
     有業人員    1.66人
     世帯主の年齢  46.3歳

勤労者世帯1ヶ月の平均収入は、約55万円
総務省「家計調査年報」より




●可処分所得は、約46万円、4年連続減少

実収入から税金や社会保険料を除いた可処分所得(手取り収入)は、2001年約46万円。98年以降、景気低迷による実収入の減少に伴い、可処分所得も4年連続減少となっている。

実収入と可処分所得の対前年比実質増加率
実収入と可処分所得の対前年比実質増加率
総務省「家計調査年報」より




●消費支出は、約33万5千円

消費支出も4年連続減少、消費者の財布の紐は固くなっている。 エンゲル係数(消費支出に締める食料費の割合)は1965年の38.1%から2001年には21.8%、交通・通信費は同じく3.5%だったのが13.1%に。ここ数年の傾向としては、食料費や住居費、光熱費、保健医療費など「基礎的支出」は締めているが、それ以外「選択的支出」の中でも携帯電話やPHSなどの通信費、パソコンなど教養娯楽用耐久財などは大幅に伸びている。

消費支出は、約46万円
総務省「家計調査年報」より




●世代別では、収入・消費とも多いのは50代

勤労者世帯を世代別に見ると、収入も消費も50代が最も多く、次いで40代となっている。但し40代・50代は教育費支出が他の世代に比べ桁違いに多く(他の世代が5000円〜1万円強/月であるのに対し約5万円)、必ずしもゆとりがあるとは言い難い。

世代別・実収入
世代別・実収入

世代別・消費支出
世代別・消費支出
総務省「家計調査年報」より




●消費者物価指数、上昇率が高いのは教育費

総務省の「消費者物価指数年報」「消費者物価指数月報」より、1980年を100とした消費者物価指数の推移を見ると、教育費は2倍以上に上昇。ほかにも住居費、理美容サービスなど総じて上昇しているなかで、電気・ガス、家具・家事用品、交通・通信費などは下降ないし横這いで推移している。

消費者物価指数の推移
総務省「消費者物価指数年報」「消費者物価指数月報」をもとに作成




●物価の高い都市は?
消費者物価地域差指数2000年
関西 = 関西  (全国 = 100)
総合 食料
順位 都市 指数 順位 都市 指数
1 東京特別区部 109.6 1 東京特別区部 107.1
2 横浜 107.9 2 京都 106.9
3 大阪 107.8 3 大阪 106.4
4 川崎 106.5 4 静岡 105.4
5 静岡 105.2 5 福岡 105
6 京都 104.7 6 和歌山 104.8
6 名古屋 104.7 7 横浜 104.6
8 福岡 104.4 8 川崎 104.4
9 神戸 104.1 9 北九州 104.3
10 松江 104 9 福井 104.3
11 さいたま 103.6 9 富山 104.3
12 札幌 103.4 9 岐阜 104.3
13 青森 103.2 13 松江 104.1
14 長崎 103.1 14 名古屋 103.7
15 仙台 103 15 高知 103.6
16 千葉 102.5 16 岡山 103.5
16 富山 102.5 17 金沢 102.8
18 山形 102.3 18 札幌 102.7
18 宇都宮 102.3 19 さいたま 102.6
20 奈良 102.1 20 神戸 102.3
20 和歌山 102.1 21 大津 102.1
22 福島 102 22 盛岡 101.8
23 岐阜 101.9 23 千葉 101.5
24 北九州 101.8 24 福島 101.4
25 岡山 101.7 25 松山 101.3
25 金沢 101.7 26 長崎 101.2
27 福井 101.5 26 沖縄 101.2
28 甲府 101.3 28 101.1
28 水戸 101.3 29 宮崎 100.9
30 鹿児島 101.2 29 鹿児島 100.9
31 高知 101.1 29 甲府 100.9
31 新潟 101.1 32 山口 100.8
31 盛岡 101.1 33 大分 100.7
34 100.9 33 新潟 100.7
35 秋田 100.8 35 山形 100.5
36 大津 100.6 35 水戸 100.5
36 長野 100.6 35 前橋 100.5
38 高松 100.5 38 奈良 100.2
39 熊本 100 39 熊本 100.1
40 山口 99.9 40 宇都宮 99.9
41 鳥取 99.6 41 青森 99.8
41 大分 99.6 42 仙台 99.8
43 広島 99.1 43 長野 99.7
44 佐賀 99 43 高松 99.7
45 前橋 98.9 45 広島 99.3
46 松山 98.1 45 徳島 99.3
46 徳島 98.1 47 鳥取 98.2
48 宮崎 97.6 48 秋田 98
49 沖縄 97.3 49 佐賀 97.8
総務省「消費者物価指数年報」「消費者物価指数月報」をもとに作成




●食生活には地域差が……

各地域の1世帯あたり年間購入数量または支出金額が日本一もしくは上位になったものを調べると、地域差が見えてくる。

都市別・消費日本一
関西 = 関西  (2002年)
都市 日本一 上位
札幌 鮭、馬鈴薯、バター  
青森 りんご、ホタテ貝、カレイ
盛岡 中華麺、豆腐 りんご
仙台 蒲鉾、梅干し
秋田 清酒、メロン キャベツ
山形 きゅうり、こんにゃく、醤油  
福島 納豆、桃、梨  
水戸 スナック菓子 納豆、鰹、蜆
宇都宮 餃子、煎餅 レタス
前橋 生椎茸 干しアジ
浦和 ── ブロッコリー、煎餅
千葉 ── まぐろ、干しアジ
東京都区部 ── バター、焼売、ワイン
横浜 焼売、ジャム、レタス
新潟 塩鮭、さやまめ、トマト 清酒
富山 ブリ、魚介の漬物、コロッケ
金沢 ブリ、えび、蟹、蓮根
福井 油揚げ、がんもどき、焼き鳥  
甲府 ぶどう まぐろ、干しアジ
長野 小麦粉、味噌
岐阜 柿、喫茶代  
静岡 鮪、しらす干し、蜜柑、緑茶  
名古屋 ── 饅頭、喫茶代
── えび、魚介の佃煮
大津 魚介の佃煮 合挽肉
京都 ── 白菜、玉葱
大阪 白菜、鰻の蒲焼き
神戸 食パン、蛸、マーガリン、紅茶  
奈良 ── 牛肉、卵
和歌山 えび 梅干し、酢、しらす干し
鳥取 鰯、蟹、竹輪 カレイ、鯖、梨
松江 アジ、ブリ、蟹
岡山 ── 桃、ぶどう
広島 牡蠣 ソース
山口 竹輪 オレンジ
徳島 煮干し、甘藷 竹輪
高松 生うどん・そば 揚げ蒲鉾
松山 ── 合挽肉、卵
高知 干し鰯、鰹節・削り節
福岡 ── たらこ、鶏肉
佐賀 鯛、あさり、牛蒡 羊羹
長崎 カステラ、アジ 蒲鉾
熊本 饅頭 鯛、里芋
大分 干し椎茸 小麦粉、鶏肉
宮崎 焼酎 アジ、煮干し
鹿児島 鯖、揚げ蒲鉾、酢 焼酎
那覇 鰹節・削り節、ベーコン、人参  
総務省「家計簿からみたファミリーライフ」の資料をもとに作成




●もっと知りたい!
  • 家計簿から見たファミリーライフ
    総務省統計局が2002年1月に公表。最近の家計調査などの結果から、「家計にみる暮らしの特徴」「世代別にみた暮らしの特徴」「ライフスタイルと家計」「資産」など、暮らしに身近な話題を選びグラフを中心に解説。なおデータは2000年までのもの。

  • 家計調査2001
    総務省統計局の「家計調査年報2001年版」

  • 消費者物価指数
    2000年基準の消費者物価指数の概要をはじめ、基礎的な見方の解説、Q&Aなども掲載。

  • 貯蓄動向調査
    総務省統計局が毎年行っている貯蓄動向調査のデータ。

  • 商業販売統計
    経済産業省の統計。コンビニデータなども含む。


Columnカテゴリ検索
政治・外交
経済・経営
社会・生活
文化・文明
科学・技術
電力・エネルギー
関西
サイト内全文検索
Insight時代を解くキーワード
Copyright (C) 2002-2008 KEPCO THE KANSAI ELECTRIC POWER CO., INC.