Insight時代を解くキーワード Presented by 関西電力
| HOME | このサイトについて | メルマガサンプル | 談話室 | 配信申込・解除 | お問い合わせ・ご意見 |
関西電力HPへ 関西電力HPへ
Main Column Break Close up エナジー News Clip 関西電力 講堂(イベント/セミナー)
 

Close up エナジー
 

「電気のポイントで電車が安く乗れるサービスって?」

2006.05.01
お客さま本部営業計画グループマネジャー杉原尚志



お客さま本部営業計画グループ
マネジャー 杉原尚志



2005年7月、電気を使うとポイントが貯まる、日本初のサービス「はぴeポイントクラブ」をスタートさせた関西電力が、今年の夏、また新しいサービスを開始する。関西の私鉄や地下鉄で使える「スルッとKANSAI」のICカード決済サービス「PiTaPa」と提携した新サービスを発表。その狙いと成果、今後の展開は?──お客さま本部営業計画グループの杉原尚志マネジャーに訊いた。

――近頃、話題の「はぴeポイントクラブ」って何? //////////
ポイントという名のとおり、電気でポイントが貯まるサービス。航空業界のマイレージサービスの電気版だ。会員証として、「はぴeプラン」加入者限定・ポイント専用の「はぴeカード」、もしくは、高校生以外の満18歳以上の全ての人を対象としたクレジット機能付「はぴe VISAカード」を発行。電気はもちろん、ケイ・オプティコムのインターネットサービス、関電SOSのホームセキュリティサービス、あるいはポイントクラブの加盟店のご利用で、ご使用量や金額に応じてポイントが貯まり、いろんな景品やANAのマイルとも交換できる仕組みだ。

――そもそも「はぴeプラン」とは? //////////
2000年にスタートしたオール電化のご家庭向けの割引料金メニュー。ご家庭内の熱源をすべて電気で賄っていただくと、朝や夕方、夜間などの料金が通常より割安なうえ、さらに全体の料金から10%割引になるため、電気・ガス併用住宅に比べ、標準的なご家庭で光熱費が年間約8万円も安くなる。以前は「電気は高い」というイメージがあったが、近年は、安心・快適・経済的な電気の良さがお客さまの間に浸透し、「はぴeプラン」のご加入者も急増。関西では今や約28万軒のお客さまにご加入いただいている。

――ポイントクラブをつくった目的は? //////////
これからの時代、引き続き、お客さまのパートナーとなっていくには、電気の販売以外にもお客さまの満足度向上に繋がるサービスが不可欠と考え、いろいろなサービスを検討するなかで出てきたのがポイント制というアイデア。電気という公共性の高い商品で、一般ご家庭のお客さまを対象としたポイントサービスは全国でも初めてであり、お客さまへの一層のサービス向上につながるよう、本クラブの魅力拡充に精力的に取り組んでいるところである。

――ポイントクラブの入会メリットは? //////////
はぴeプランのお客さまは、普通に電気をお使いいただくだけでポイントが貯まる。しかもインターネットやホームセキュリティサービスを併せてご利用いただくと、その合計ポイントが、さらに2倍、3倍になるし、はぴe VISAカードで電気料金をお支払いいただくと、その分もポイント加算される。また、京阪神の飲食店など約600の加盟店で割引などの優待特典を受けられるほか、生活情報満載の会報誌も届き、昨年には映画の先行試写会も実施した。ポイントを貯めていただきながら、ちょっとした生活の楽しみも見つけていただける、ということがメリットかと考えている。

――入会状況は? //////////
現時点の会員は約8万人。年齢的には30代が最も多く、全体の25%程度。40代、50代も各20%強程度と、30〜50代がボリュームゾーンだが、若い方では21歳、最高齢として106歳の方もいる。男女比は男性が9割だが、これは電気の契約名義とカード名義を同一にしているため。想像だが、加盟店でカードを利用してせっせとポイントを貯めるのはご主人で、貯まったポイントを好きな景品に交換して使うのは奥さまではないかと──アンケートハガキなどを見ても、お名前は男性なのにヘンに可愛い丸文字だったりする(笑)。会報誌も、男女問わずいろいろな世代の方に楽しんでいただけるように誌面構成など努力している。

――会員の反応は? //////////
クラブでは会報誌のほかメールマガジン、Webサイト上のブログなど、お客さまの声をダイレクトに聴く仕組みを設けているが、メールやアンケートハガキを読む限り、おかげさまで、現在のところは概ね満足いただいている。直接声を聴くことで、よりニーズに即した魅力的なサービスを提供していきたいと、試行錯誤をしている段階だ。

――その新サービスの一環として、今回、スルッとKANSAIのPiTaPaと提携したそうだが? //////////
そう。電気と電車の初のカード提携。会員のみなさまに対するサービス向上の一環として従来から検討していたが、内容の骨格もようやく固まり、先月公表させていただいた。

――具体的にはどんなサービスになる? //////////
まずPiTaPa機能を搭載した「はぴe PiTaPaカード」を新たにお申し込みいただく。このカードをお持ちのお客さまは、はぴeポイントクラブで貯めたポイントをPiTaPaの「ショップdeポイント」へ移行でき、PiTaPaの交通利用代金として使える。つまり、電気で貯めたポイントで電車の割引が受けられるというわけ。お客さまの利便性が高まるし、我々としても、同じく地域の産業である鉄道会社さまとの提携は望ましいと考えている。サービス開始は7月の予定だ。

――他にも新しいサービスを計画している? //////////
もちろん、いろいろ検討中。せっかく関西電力のカードを持っていただいたのだから、どこよりも便利に使っていただきたい。加盟店も年内には1000店以上に増やしたいと思っているし、もっと多様な分野から、お客さまの好みに合わせて選んでいただけるようにしたい。ポイントクラブのHPを見たら、すごく素敵なお店が見つかったとか。そういう、情報自体に価値のあるサービスも広げたい。また、今後、会員のみなさま向けのイベントも充実させていきたい。

――最後に、今後の抱負は? //////////
ポイントクラブに入会されたお客さまの大半は、オール電化住宅にお住まいだから、家の中は安心・快適。だから次は家の外でもっと便利に快適に、暮らしを楽しんでいただきたい。そのツールとしてポイントクラブを活用いただくことで、人生トータルにご一緒できれば嬉しい。関西電力と契約する「オール電化の暮らし」は、家の中だけでなく、家の外も含めた暮らし全般の提案をしてくれると思っていただくのが理想。今までは電気でしかお客さまとの繋がりがなかったが、それ以外のところでもっと繋がり、関西電力と「暮らしの契約」をしていただく──そういう継続性のある関係をつくるため、今後もお客さまの声に耳を傾けながら、サービスの充実に努めたい。■

http://www.hapiepoint.com/



Columnカテゴリ検索
政治・外交
経済・経営
社会・生活
文化・文明
科学・技術
電力・エネルギー
関西
サイト内全文検索
バックナンバー
Insight時代を解くキーワード
Copyright (C) 2002-2008 KEPCO THE KANSAI ELECTRIC POWER CO., INC.