Insight時代を解くキーワード Presented by 関西電力
| HOME | このサイトについて | メルマガサンプル | 談話室 | 配信申込・解除 | お問い合わせ・ご意見 |
関西電力HPへ
Main Column Break Close up エナジー News Clip 関西電力 講堂(イベント/セミナー)
 

Break
 
村澤 博人
村澤 博人

むらさわ ひろと 顔・化粧文化研究所所長
1948年長野県生まれ。埼玉大学理工学部化学科卒。ポーラ化成工業研究所入社。ポーラ文化研究所設立に参画、同研究所「化粧文化」編集長、主席研究員などを経て、2002年独立。化粧文化史家、化粧文化エッセイスト、日本顔学会理事、国際服飾学会理事をはじめ、立教大学・日本大学・聖心女子大学・松蔭女子大学などの講師も務める。主著「美人進化論」「顔の文化史」「これが『わたしの顔』」など。

ホームページ


■外見と美の研究(5)
「外見に対する研究――化粧学は夢?」

2003.04.01

「化粧文化」という名前をつくり、化粧と文化の研究をはじめた30年近く前、化粧の研究など「男のやることでない」と非難されたことがある。化粧という身体装飾行為がアカデミックでないという理由であった。

化粧の歴史を振り返ってみても、髪型を含め、外見をつくることとその人の社会性とは支配層ほど切り離せないはずであったが、タテマエとしては外見について表立って口にすることははしたないとされてきた。化粧は不要なもの、無駄なものという考えがまかり通っていたので、第二次世界大戦中でも、日本では化粧はぜいたくとされ、化粧品製造は禁止された。一方、化粧の有用性を認めたアメリカ社会では女性の職場における仕事の効率を上げるために化粧は必要とされ、最低限の化粧品製造が許可された。文化による化粧観の相違には驚かされる。

そのせいか、化粧品メーカーは安全性を含め、常に化粧の有用性を訴えることに腐心してきた。その意味で、1990年代に高齢者に対する化粧の有用性が心理学の分野を中心に次々と発表され、実際に化粧後に元気になった笑顔の高齢者の顔がテレビなどに露出しはじめたことは、願ってもないことだったに違いない。

同じ90年代、欧米のみならず日本においても、生まれつきの病気や後天的な火傷やケガなどで顔やカラダに変形(disfigurement)のある人々が外見の社会性を取り戻すために活動を開始した。その後、医療と美容と心の専門家が研究会をつくって相互に勉強しあい、そのような人々にできることの可能性を探りはじめている。

もはや、外見は関係ないという時代に終止符が打たれ、外見もその人のアイデンティティとして尊重され、外見の回復によりQOL(Quality of Life)を高める活動が表に見える時代となった。2002年秋、日本社会心理学会でも化粧と被服による外見が与える心理的効果をテーマにワークショップが開催され、今年の5月末には同じく日本社会心理学会の公開シンポジウム「外見へのこだわりと自己」が聖心女子大で予定されている。

人は生まれつきの顔やからだがもつ自己イメージにこだわり、色を加えたり形を変えることを長い間やってきた。そんな研究がやっと社会的に認知されはじめたようだ。とはいえ、いまだに大学に化粧学科が開設されるという話は夢である。人はなぜ化粧するのか、さまざまな自由度を得た21世紀の現代人にこそ、欠かせないテーマなはずだ。まだしばらくは大学の非常勤講師として、少しでもこの分野の面白さを多くの人に伝える努力をしていこうと思う。■



Columnカテゴリ検索
政治・外交
経済・経営
社会・生活
文化・文明
科学・技術
電力・エネルギー
関西
サイト内全文検索
最近のBreak

Insight時代を解くキーワード
Copyright (C) 2002-2008 KEPCO THE KANSAI ELECTRIC POWER CO., INC.