このサイトでは、レイアウト設定のため、スタイルシートとJavascriptを使用しております。ご覧のブラウザは、スタイルシートに未対応のため、本来のレイアウトとは異なって表示されます。あらかじめご了承ください。

関西電力

再生可能エネルギーの買取制度について

買取制度のしくみ
  • ○再生可能エネルギー(太陽光、風力、水力、地熱、バイオマス等)により発電された電気を、一定期間・固定価格で電力会社等が買い取ります。
  • ○主に住宅用で設置される発電設備容量が10kW未満の太陽光については、発電された電気のうち、余剰電力(使い切れずに余った電気)が買取りの対象となります。
  • ○電力会社等が買取りに要した費用は、再生可能エネルギー発電促進賦課金(電気料金の一部)として、電気のご使用量に応じて、お客さまにご負担いただくこととなります。

制度概要イメージ

  • ※1 一般電気事業者、特定電気事業者及び特定規模電気事業者のことをいいます。
  • ※2 電力会社等がお客さまからお支払いいただいた賦課金を回収し、実際の買取費用に応じて電力会社等へ買取費用を交付する機関です。
  • ※3 再生可能エネルギー発電事業者から電力会社等への電気の供給が効率的に実施される場合に通常必要とされる費用等をもとに、調達価格等算定委員会で買取単価や買取期間を検討します。調達価格等算定委員会で検討された結果をもとに、経済産業大臣が翌年度の買取単価・買取期間等を決定します。

買取りに関する詳細

ご負担に関する詳細

太陽光発電の余剰電力買取制度について
再生可能エネルギーの固定価格買取制度に関する国へのお問い合わせ窓口 0570-057-333 PHS、IP電話からは06-7636-2168 受付時間 9時から20時