社員紹介

発電所の建設における計画立案、情報収集に邁進

発電所の建設、建替えにおける計画立案や、立地地域の関係者の方々との多岐にわたる対話、交渉をする際に必要となる情報の収集、整理、提供を行っています。電源開発を進めるにあたっては、国のエネルギー政策や他電力も含む電源立地の動向、また、法令や条例の制定・改廃なども大きく関わってくるため、幅広く最先端の情報を把握しておく必要があります。日々生まれるこれらの情報を取りまとめ、地域対応チームからのオーダーや必要性にあわせて適切に情報を展開・共有していくことが現在の主な仕事です。

立地推進の難しさと壮大さを実感する日々

いかに情報を収集し、各チームのニーズに合わせて提供できるかが私の任務です。立地室は取り扱う情報が幅広く、私自身、新しい仕事にとりかかる際はいつも一から勉強していくことばかり。累々と積み重なった立地室の歴史とも言える資料に向き合ったり、法令を一から読み込んだり、経験豊富な先輩方にアドバイスを求めたり、常に新鮮な気持ちで取り組んでいます。その度、長期にわたって進めていく立地業務の難しさや壮大さに触れ、「早く自分も電源開発の矢面に立って立地推進に貢献したい」という思いに駆られます。そして、未熟ながらもその一端を担えていることに強くやりがいを感じています。