社員紹介

定期巡視や保修工事など、さまざまな業務を幅広く経験

配電設備の不具合を発見・即修する定期巡視や保修工事、お客さまのお申し出対応、直営工事、停電発生時の復旧工事など一作業員として現場での第一線業務に従事しています。定期巡視では配電のための設備、つまり電柱や電線、変圧器、開閉器についての設備巡視を5年に一度の周期で行っています。作業長に「この機会を逃すと次にこの設備を見るのは5年後だということを十分に頭に入れて巡視するように」と教えていただき、それを踏まえた上での判断を心掛けています。直営で行う計画工事では初めての作業が多く、当日現場でスムーズに作業できるよう事前に作業手順が細かく示された作業シートを読み込み、工事に必要となる工具や資材を準備します。さらに、現場の設備状況を把握し、安全事前評価票を作り、危険予知を考えて安全に作業できるようにします。また、業務の合間には自己のスキルアップのための技能訓練や他の業務に携わるチームに同行させていただき、メーター関係業務や引込線の撤去、高圧地中ケーブル引込み工事、他社工事立会と幅広く経験することができました。

日々の仕事の中で使命感や達成感が感じられる喜び

九条営業所管内では停電事故は少ないですが、営業所に配属されて間もないころ停電事故が発生し、初めて復旧作業に関わった時のことは強く印象に残っています。定期巡視中でしたが、普段の和やかな雰囲気から一気に緊張感に包まれ、すぐに営業所に戻って準備し、サイレンを鳴らして現場に向かいました。急に電気が使えなくなり、何事かと外に出てきた多くのお客さまに見られながらの作業は緊張しましたが、復旧が完了したときにはお客さまの安堵感を間近で感じ、私たちの仕事が当たり前の生活に直結しているのだと強く実感しました。ひとたび停電や電圧低下が発生すると、生活や産業に大きな影響を及ぼします。病院などはそれこそ生命に直結します。電気の安定供給のため、日々の仕事の中で使命感や達成感を感じることができるこの仕事に強い誇りとやりがいを感じています。