社員紹介

信頼性の確保と競争に打ち勝つ高い能力

火力発電設備の更新・建設に関わる技術検討業務を行っています。発電設備は建設後数十年と長期間運用されるものです。安全で安定した運用ができる信頼性を確保しつつ、競争力の高い設備であることが求められています。これらの検討にあたって、関西電力がこれまで培った考え方や、メーカー標準の考え方などを調べて整理することで、設備ユーザーとして必要な機能を抽出し、最適な仕様となるよう検討を行っています。

先人たちの築いた技術と新時代の技術を融合する

現在携わっている技術検討業務には、従来の考え方に縛られない柔軟性が求められています。先人たちが主に運用面で苦労し、実現してきたものが我々の技術の根底として活用・構築されていますが、時代に即した考え方や新技術の導入など、従来とは異なる考え方も今後は必要になると考えています。従来のやり方を変えるのは難しいことですが、新しいことに挑戦できる絶好のチャンスと考えて取り組んでおり、とてもやりがいを感じています。