事業を知る

経営改革・IT 経営改革・IT

  • 電気・電子・情報系
ITを原動力とした経営改革を推進

経営改革・IT本部は、ITサービスの提供を通じて電力の安全・安定供給に貢献すると同時に、従来の電力事業運営にとらわれず、社会やお客さまの期待に応えるため、ITを原動力とした経営改革を推進している。

私たちは、関西電力の電力設備・機器の管理を高度化するシステムの開発や、関西一円に広がる無線・光回線を利用した大規模IPネットワークの構築・運用などを行っている。また、他電力に先駆けて導入したスマートメーターは500万台を突破しており、自動収集した電気使用量は電気料金の計算だけでなく、お客さまへの電気使用実績やCO2排出量などの情報提供に活用している。

また、関西電力グループ全体最適の視点からITの活用による業務改革や生産性向上をリードし、これまでの仕事のやり方を大きく変えるITシステムやツールの導入を通じて、社員一人ひとりの意識や働き方の変革も促進している。 更に、情報セキュリティマネジメントにも注力しており、関西電力グループが保有する情報資産をさまざまな脅威から守っている。

経営環境が急激に変化する中、ITに対する期待は一層高まっており、また果たすべき役割も大きくなっている。経営改革・IT本部はこれからも、最新技術動向を常に把握し、その有用性・効果を見極め、各々の情報通信サービスに適用するとともに、競争力強化に資する業務改革やIT活用を推進していく。

ビッグデータの有効活用

エネルギー市場における競争が本格化する中においても、お客さまに関西電力グループを選んでいただくためには、収益性向上に向けた業務プロセス改革と、改革を後押しするデータ分析・活用を行うことが必須である。経営改革・IT本部では、お客さまからのお申し出に関わるデータや設備情報などのビッグデータの分析を通じて、お客さまサービスの向上や運用コスト削減、最適な設備形成につなげる取組みを行っている。今後も引き続き、データの取得・蓄積・分析によって、新しい価値の創造や業務効率化、ひいては競争力強化に取り組んでいく。

業務を通じたやりがい 業務を通じたやりがい

「情報通信サービスを安定した品質で絶え間なく提供する」という責任。
電力の安全・安定供給には情報通信サービスが欠かせません。約1300万軒のお客さまのくらしを支える情報通信サービスの開発・運用を行う事に、大きな責任とやりがいを感じます。

学生の皆さんへのメッセージ 学生の皆さんへのメッセージ

経営改革・IT本部では“変わらぬ使命のために「変化・革新」し続ける”ことが求められています。進歩の早い情報通信技術を活用でき、従来の考え方にとらわれない柔軟な発想を持つ学生の皆さんが即戦力として活躍できる部門です。皆さんの若い力に期待しています。

近畿一円の電力供給を支える明日の関西電力をともにつくっていきましょう!関西電力社員としての使命感と責任感を持ち、一緒に働ける日を心より楽しみにお待ちしております。