インターンシップ2017

受入コース概要[技術系]

エントリー
マイナビからエントリー
マイページ

“BREAK” REAL Internshipのアウトライン

1.ウォーミングアップ研修

インターンシップの初日に参加者全員を対象に事前研修を実施します。

2.各コースでの就業体験(コース別カリキュラム)

各コースに課題が与えられます。
課題の達成を通じて、実際の仕事を体験し、“挑む。関電”を感じてもらいます。

3.成果発表会・修了式

参加者の皆さんが一堂に会し、それぞれに得た成果をもとに、グループディスカッションをします。

コース名 受入
期間
受入
人数
コース内容 応募資格
原子力技術 A期間
C期間
4名程度
(各期間)
原子力発電所の原子炉格納容器内の主要設備をはじめ新規制基準のもと強化された安全性向上対策設備の見学および発電所で働く技術者とのディスカッション、各種研修施設における模擬操作体験、研究施設見学等、原子力発電所の安全対策を色々な角度から見て聞いて学ぶ研修です。 大学2年生以上の学生で、当社の就業体験に興味のある方。(※大学にて1年以上学んだ専門知識を要する就業体験のため)
  • 原子力工学系専攻または電気、電子、通信、情報、機械、材料、化学工学専攻の方。
火力技術 A期間
C期間
4名程度
(各期間)
火力発電事業の概要について学ぶとともに、火力発電業務について、技術的な課題検討を体験する。
  • 電気、電子、通信、情報、機械、材料、化学工学系専攻の方。
送電・変電・
水力発電技術
総合
エンジニアリング
コース
A期間
C期間
4名程度
(各期間)
変電・送電・水力発電設備について、設備計画・工事設計・保全業務の概要や海外事業等の取組みについて学ぶとともに、設備の維持・運営に関わる実務体験を行う。
※エリアエンジニアリングコースは、総合エンジニアリングコースよりも設備マネジメントに関わる実務体験を重視したコースです。
  • 電気、電子、通信、情報工学系専攻の方。
エリア
エンジニアリング
コース
B期間 15名程度
系統運用技術 総合
エンジニアリング
コース
A期間
C期間
4名程度
(各期間)
電力系統に関する系統運用業務(中央給電指令所等での需給運用・系統監視・操作指令、系統制御技術、新エネルギー導入に向けた取組みなど)について体験する。
※エリアエンジニアリングコースは、総合エンジニアリングコースよりも需給運用等の実務体験を重視したコースです。
  • 電気、電子、通信、情報工学系専攻の方。電気理論、電力系統工学に関する知識のある方が望ましい。
エリア
エンジニアリング
コース
B期間 15名程度
ネットワーク技術 総合
エンジニアリング
コース
A期間
C期間
4名程度
(各期間)
電力供給設備と情報通信設備が一体となって形成される配電ネットワークに関して、技術的な課題検討を実施すると共に、工事設計・保守(設備のメンテナンス)・配電系統の監視制御等の配電業務を実務体験する。
※エリアエンジニアリングコースは、総合エンジニアリングコースよりも保守(設備のメンテナンス)に関する実務体験を重視したコースです。
  • 電気、電子、通信、情報工学系専攻の方。
エリア
エンジニアリング
コース
B期間 15名程度
情報通信技術 A期間
C期間
4名程度
(各期間)
電力の安全・安定供給を支える情報通信ネットワークや、ITを原動力とした経営改革推進の取組みについて学ぶとともに、経営貢献につながる課題検討を体験する。
  • 電気、電子、通信、情報工学系専攻の方。
土木技術 A期間
C期間
4名程度
(各期間)
電力における土木の業務概要を学ぶとともに、演習課題として水力地点検討や電力土木設備の設計検討を体験する。
  • 土木工学系専攻の方。
建築技術 A期間
C期間
4名程度
(各期間)
電力建築物における建物および建物設備の設計、工事、維持保全に係る業務の概要を学ぶとともに、技術的な課題検討を体験する。
  • 建築工学系(構造系・設備系)専攻の方。
再生可能エネルギービジネス A期間
C期間
4名程度
(各期間)
上記コース以外の再生可能エネルギー発電事業全般(太陽光、風力、地熱、中小水力等)、ガス事業、水素事業等の総合エネルギーサービスに関する事業概要を学ぶとともに、新規事業開発検討を体験する。
  • 電気、電子、通信、情報、機械、材料工学系専攻の方。