電気の安全・安定供給
停電の原因

停電の主な原因は、以下によるものです。

発生が多い時期:春から夏にかけて

カラスが電柱に巣を作ると、木の枝や針金などが電線に接触して、停電となることがあります。

発生が多い時期:夏から秋にかけて

樹木の倒壊や山崩れ等により電線が切れたり、電柱が倒壊することで停電が発生します。

※切れた電線が垂れ下がったり、電柱が傾いていたりしても、絶対に近づかないでください。

発生が多い時期:

碍子(がいし)という、電線を大地と絶縁するための設備が破損することで、停電が発生します。

発生が多い時期:

雪の重みで樹木が倒壊し、電線に接触することで停電が発生します。

このような状態を発見された場合は、下記の送配電ダイヤルまでご連絡ください。

○当社の電気設備に関する連絡・お問合せ先

送配電ダイヤル 0800-777- 3081 ( (ソーハイ) ) (通話料無料)

HOME  >  エネルギー・安定供給  >  電気の安全・安定供給  >  停電の原因