原子力発電について
エネルギー問題と原子力

エネルギーの安定供給・環境保全・経済性といったそれぞれの側面で、各発電方法には様々な特徴があります。
エネルギー資源が乏しい日本では、資源をいかに確保するかといった問題とともに、地球環境に配慮しながら、経済的に、長期的に安定して電気をつくることが大きな課題となっています。
エネルギー資源価格は世界の資源消費量の増加、中東での政情不安、投機活動等により、今後も大きく変動する可能性があります。
火力発電は発電コストに占める燃料費の割合が高く、資源価格の変動により発電コストが大きく変動し、発電時のCO2排出などの課題があるため、発電時にCO2を排出せず、価格安定性や備蓄性に優れた原子力発電や、輸入燃料を必要としない太陽光・風力発電等の再生可能エネルギーの活用も大切です。
そのために、火力・水力などの発電、原子力発電、再生可能エネルギーによる発電をバランスよく組み合わせ、それぞれの特徴を最大限に活用した「エネルギーミックス」を進めています。

各発電方法の特徴

発電方法の特徴
電力需要に合わせた電源の組み合わせ(イメージ)
エネルギー