原子力発電について
公開情報

原子力発電所周辺の環境モニタリング結果 四半期報告

(2016年10月~12月)

当期の環境モニタリング調査の結果、美浜・高浜・大飯発電所の運転による環境安全上の問題はありませんでした。(詳細は以下をご覧下さい。)

モニタポストによる空間線量率の測定結果をご覧いただけます。

土壌や食物、水などに含まれる放射性物質の濃度測定結果をご覧いただけます。

環境モニタリングについて

  • 「環境モニタリング」とは、原子力施設に起因する放射線や放射性物質の影響を確認するため、原子力施設周辺の環境における空間線量率や土壌、食物、水などに含まれる放射性物質濃度を測定・評価することです。
  • 福井県内の原子力発電所周辺の環境モニタリングの結果は、四半期ごとに「福井県環境放射能測定技術会議」で検討・評価され、「福井県原子力環境安全管理協議会」での評価・確認を経て一般公開されています。
    なお、四半期終了から一般公開までには3ヶ月程度を要しており、当ホームページにおける四半期報告のデータは一般公開とほぼ同時に更新します。
  • 関西電力では環境モニタリングに関する質問や意見をお伺いするため、専用の電話窓口を用意しています。どうぞお気軽にご利用ください。

0120-727287( ナニナニ ハテナ )
・お電話には関西電力環境モニタリングセンター職員が応対いたします。

エネルギー