あくなき安全性の追求
新規制基準の適応状況

メニューを開く

あくなき安全性の追求(原子力発電における安全への取組み

メニューを閉じる

新たな規制基準では、福島第一原子力発電所の事故を教訓として、地震・津波への対策に加え、同様の事故を防ぐべく設計基準を強化。また、自然災害が多い日本の特徴を踏まえ、考慮する自然現象は地震、津波のほか火山・竜巻・森林火災など広範囲にわたっています。
さらに、今まで事業者の自主的な取組みとされてきた重大事故(シビアアクシデント)対策が義務付けられるなど、これまで以上に厳しい基準となっています。関西電力では、これらの基準に適合させることはもちろん、さらに自主的な取組みを進めていきます。

高浜発電所3,4号機における再稼動に向けた対応について

安全対策凡例

  • 電源の強化
  • 緊急時対策所
  • 放射性物質の放出抑制
  • 冷却機能の強化
  • 津波への備え
  • アクセスルートの確保
  • 津波への備え
  • 格納容器の破損防止・水素爆発防止対策
  • 地震への備え
  • 放射性物質の拡散抑制
  • 津波への備え
  • 外部火災への備え
  • 竜巻への備え
  • テロや大規模な自然災害などへの備え

安全性向上に対する当社の姿勢、これからのアクション

関西電力の安全文化

私たち一人ひとりの安全への想い

一意専心 -関西電力の安全DNA-

原子力発電に関する公開情報

関西電力では、原子力発電の立地地域の方々をはじめ、社会の皆さまから安心・信頼いただける発電所を目指し、「発電状況と環境モニタリング」「保守運営・保全対策」「事故やトラブルの報告」等の積極的な情報公開に努めています。

公開情報一覧へ

あくなき安全性の追求(原子力発電における安全への取組み)

  • 原子力発電について
  • エネルギー問題と原子力
  • 原子力発電の概要(しくみ)
  • 美浜発電所3号機事故について
  • 関西電力の原子力関連施設