あくなき安全性の追求
万一の重大事故に備える

メニューを開く

あくなき安全性の追求(原子力発電における安全への取組み

メニューを閉じる

  • 重大事故対策
  • 原子力防災と避難計画
  • 対応能力の維持向上


※高浜発電所3、4号機の例

関西電力では、万が一に備えて、平日夜間、休日ともに事故時対応がおこなえるよう要員を確保するとともに、その要員に対する教育・訓練を充実・強化し、対応能力の向上に努めています。また、プラントメーカなどから技術や資機材の支援が受けられる体制を整えています。

事故の発生を想定した教育・訓練

総合防災訓練

発電所内ですべての電源を失い、原子炉を冷却することができなくなるなどの重大事故を想定した原子力総合防災訓練を実施しています。

緊急時参集訓練
緊急時参集訓練
原子力緊急時対策本部で指揮を執る社長の岩根
(写真右)と原子力事業本部長の豊松(左隣)
原子力緊急時対策本部
ヘリコプターによる資機材運搬訓練
ヘリコプターによる資機材運搬訓練
遠隔操作ロボットの操作訓練
遠隔操作ロボットの操作訓練
電源供給訓練

送電線からの電力供給や非常用ディーゼル発電機が使用できない場合を想定し、電源車の起動訓練等を実施しています。また、夜間の訓練も実施しています。

夜間における接続・起動訓練
遠隔操作ロボットの操作訓練
大容量ポンプ設置訓練
ヘリコプターによる資機材運搬訓練
原子炉に冷却水を注入するためのポンプの設置訓練
遠隔操作ロボットの操作訓練
放射線防護服やマスクを着用した悪条件下を想定した消防ポンプ設置訓練
放射線防護服やマスクを着用した悪条件下を想定した消防ポンプ設置訓練
放射線防護服やマスクを着用した悪条件下を想定した消防ポンプ設置訓練
放射性物質の放出抑制訓練

格納容器の破損に至った場合を想定し、発電所外部への放射性物質の放出を抑制するための訓練を実施しています。

放射性物質の放出を抑制するための放水砲を用いた格納容器への放水を想定した訓練
放水砲を用いた格納容器への放水を想定した訓練
重機によるがれき撤去訓練

津波等で発電所内にがれきが散乱したことを想定し、配備した重機でがれきを撤去し、人や車の通路を確保するための訓練を実施しています。

がれきを撤去するドーザーショベルを使った訓練
がれきを撤去するドーザーショベルを使った訓練
電源を失った場合の運転操作訓練

発電所内ですべての電源を失った事態を想定し、運転員は厳しい状況の中、落ち着いて事態を安全に収束できるよう訓練を実施しています。

すべての電源を失った事態を想定した
シミュレーターによる対応訓練
すべての電源を失った事態を想定した
シミュレーターによる対応訓練

安全性向上に対する当社の姿勢、これからのアクション

関西電力の安全文化

私たち一人ひとりの安全への想い

一意専心 -関西電力の安全DNA-

原子力発電に関する公開情報

関西電力では、原子力発電の立地地域の方々をはじめ、社会の皆さまから安心・信頼いただける発電所を目指し、「発電状況と環境モニタリング」「保守運営・保全対策」「事故やトラブルの報告」等の積極的な情報公開に努めています。

公開情報一覧へ

あくなき安全性の追求(原子力発電における安全への取組み)

  • 原子力発電について
  • エネルギー問題と原子力
  • 原子力発電の概要(しくみ)
  • 美浜発電所3号機事故について
  • 関西電力の原子力関連施設