あくなき安全性の追求
安全性向上に対する当社の姿勢、これからのアクション

メニューを開く

あくなき安全性の追求(原子力発電における安全への取組み

メニューを閉じる

1.原子力安全に係わる決意の策定と浸透

「社達:原子力発電の安全性向上への決意」の記載内容とポイントは以下のとおりです。

平成26年8月1日

社達「原子力発電の安全性向上への決意」

社達制定に関するプレスリリース(全文)

[  はじめに ]   福島第一原子力発電所事故を踏まえた 反省と決意

当社は、福島第一原子力発電所事故から得た教訓を胸に刻み、原子力発電の安全性のたゆまぬ向上に取り組んでいきます。

当社は、福島第一原子力発電所事故の発生を踏まえ、
「発生確率が極めて小さいとして、シビアアクシデントへの取組みが不十分だったのではないか」、
「法令要求を超えて、安全性を自ら向上させるという意識が低かったのではないか」、
「世界の安全性向上活動に学び、改善していくという取組みが不足していたのではないか」、
と深く反省し、原子力発電の安全性のさらなる向上に、全社を挙げて取り組んできた。
私たちは、この事故から得た教訓を胸に刻み、立地地域をはじめ社会のみなさまの安全を守り、環境を守るため、原子力発電の安全性のたゆまぬ向上に取り組んでいく。

原子力発電の特性、リスクの認識
原子力発電の特性、リスクを十分認識し、重大な事故を起こせば甚大な被害を与えうることを私たちは片時も忘れません。
原子力発電は、エネルギーセキュリティ、地球温暖化問題への対応、経済性の観点から優れた特性を有しており、エネルギー資源の乏しいわが国において、将来にわたって経済の発展や豊かな暮らしを支えるための重要な電源である。
一方で、原子力発電は、大量の放射性物質を取り扱い、運転停止後も長期間にわたり崩壊熱を除去し続ける必要があるなどの固有の特性を有する。このため、原子力施設の建設・運転・廃止措置、使用済燃料や放射性廃棄物の輸送・貯蔵・処理・処分などの全ての局面において、自然現象、設備故障、人的過誤、破壊・テロ活動、核燃料物質の転用・拡散などにより、放射線被ばくや環境汚染を引き起こすリスクがある。
原子力発電において、適切な管理を怠って重大な事故を起こせば、長期にわたる環境汚染を生じさせ、立地地域をはじめ社会のみなさまに甚大な被害を及ぼすこと、加えて、わが国のみならず世界に対し経済・社会の両面で影響を与えうることを、私たちは片時も忘れてはならない。
リスクの継続的な除去・低減
「ここまでやれば安全」と過信せず、リスクの継続的な除去、低減に取り組みます。
原子力発電の安全性を向上させるために、全ての役員および原子力発電に携わる従業員が、「ここまでやれば安全である」と過信せず、原子力発電の特性とリスクを十分認識し、絶えずリスクを抽出および評価して、それを除去ないし低減する取組みを継続する。こうした取組みを深層防護の各層において実施することにより、事故の発生防止対策を徹底し、そのうえで万一、事故が拡大し、炉心損傷に至った場合の対応措置も充実させる。
安全文化の発展
すべての基盤は安全文化。私たちは、これまで以上に問いかけ、学び、社会の声に耳を傾ける姿勢等を徹底し、安全文化を高めていきます。
リスクの継続的な除去・低減に取り組む基盤は、安全文化である。
当社は、美浜発電所3号機事故を契機に、メーカ、協力会社、関係会社の方々と一体となって、安全文化の再構築に努めてきた。しかしながら、福島第一原子力発電所事故に鑑みると、原子力発電のリスクに向き合う姿勢が十分ではなかった。今後、全ての役員および原子力発電に携わる従業員は、リスクの継続的な除去・低減の取組みの意義を理解したうえで実践し、それが日々当たり前にできるよう、安全文化を高めていく。
そのため、これまで以上に、役員が率先して、安全を支える人材を育て、経営資源を投入し、組織・業務の仕組みを改善する。また、全ての原子力発電に携わる従業員が、常日頃から、次の事項を実践する。
  • 社内のルールや常識であっても、繰り返し問い直すこと
  • 地位や立場を超えて、多様な意見を出し合い、自由闊達に議論すること
  • 安全上の懸念が提起されることを促し、それを公正に扱うこと
  • 立地地域をはじめ社会のみなさまの声に真摯に耳を傾けること
  • 国内外の事例や知見を積極的に学ぶこと
安全性向上への決意
社長のリーダーシップのもと、当社経営の最優先課題である原子力発電の安全性向上に全社一丸となり取り組んでいきます。
原子力発電の安全性向上は、当社経営の最優先課題である。また、立地地域をはじめ社会のみなさまとの双方向のコミュニケーションを一層推進し、原子力発電の安全性について認識を共有することが重要である。
このため、私たちは、それぞれの持ち場で、自らが行うべきことを絶えず考え、実行し続ける。
私(社長)自らがその先頭に立ち、原子力発電の安全性をたゆまず向上させていくとの強い意志と覚悟をもって、安全性向上の取組みを推進することを、ここに決意する。

原子力安全に係わる決意のもとで、リスクの継続的な除去・低減の取組みの意義を理解したうえで実践し、それが日々当たり前にできるよう、安全文化を高めます。
そのため、これまで以上に、役員が率先して、安全を支える人材を育て、経営資源を投入し、組織・業務の仕組みを改善します。

原子力発電に携わるすべての社員は、常日頃から、次の事項を実践します

  • 社内のルールや常識であっても、繰り返し問い直す
  • 地位や立場を超えて、多様な意見を出し合い、自由闊達に議論する
  • 安全上の懸念が提起されることを促し、それを公正に扱う
  • 立地地域をはじめ社会の皆さまの声に真摯に耳を傾ける
  • 国内外の事例や知見を積極的に学ぶ

安全性向上に対する当社の姿勢、これからのアクション

関西電力の安全文化

私たち一人ひとりの安全への想い

一意専心 -関西電力の安全DNA-

原子力発電に関する公開情報

関西電力では、原子力発電の立地地域の方々をはじめ、社会の皆さまから安心・信頼いただける発電所を目指し、「発電状況と環境モニタリング」「保守運営・保全対策」「事故やトラブルの報告」等の積極的な情報公開に努めています。

公開情報一覧へ

あくなき安全性の追求(原子力発電における安全への取組み)

  • 原子力発電について
  • エネルギー問題と原子力
  • 原子力発電の概要(しくみ)
  • 美浜発電所3号機事故について
  • 関西電力の原子力関連施設