電磁波ってなぁに?

娘

電磁波に過敏に反応して、具合の悪くなる人がいるそうですが、大丈夫ですか?

 

 

博士

いくつかの研究が行われていますが、電磁波との関連はないとの見解が示されています。


いわゆる電磁過敏症といわれているもので、一部の人が「送電線、家電製品、携帯電話等による電磁波の影響で皮膚症状、頭痛、めまい、疲労などの症状が出る」と訴えているものです。

いくつかの研究が実施されておりますが、そのほとんどで、そのような症状と電磁波が関係しないことが示されています。それらの結果を評価して、世界保健機関(WHO)は、「電磁過敏症の症状は、電磁波のばく露と関連する科学的根拠はない。」という見解を示しています(ファクトシート296)。

参考:WHOファクトシート296公衆と衛生「電磁過敏症」(2005年12月)
http://www.who.int/peh-emf/project/ehs_fs_296_japanese.pdf(WHOのHPへ)

このページのトップへ戻る

娘

子供や病気の人も、生活環境下の電磁波で影響を受けることはないの?

 
 

博士

国際的なガイドライン値は、そのような人たちも配慮して設定されており、電力設備からの電磁波はそれよりも小さい値です。


送電線などから発生する電磁波には、国際非電離放射線防護委員会(ICNIRP)や定めたガイドライン値よりも小さい値です。

このガイドライン値は、あらゆる年齢層、健康状態、特に影響を受けやすい人などを考慮して設定されています。具体的には、ガイドライン値は実験などにより影響を受けることがないと推定される値をさらに低くして設定されています。
ICNIRPガイドラインでは、有害ではない影響も含めて影響を受けないとされる値の5分の1の値をガイドライン値として設定しています。

ガイドライン

エネルギー