電磁波ってなぁに?

国際がん研究機関(IARC)の見解

国際がん研究機関(IARC)

人の発がん性リスク評価に関するモノグラフ(専門書)Vol.80
静的および超低周波電磁界
身の周りの電磁界と人の健康への影響
(2002年3月発刊)

静的および超低周波電磁界

国際がん研究機関(IARC)では、化学物質や放射線のほか、労働行為なども含め、人に対して発がん性があるのか、あるいは発がん性がないのかを分類しています。

[電磁波に関する発がん性の分類]
送電線や家電製品に関係する電磁波(超低周波磁界)の発がん性については、世界各国で行われた研究結果より、「人に対する発がん性があると断定する証拠が限られており、動物実験では発がん性があると断定するには不適切な証拠しかない」ことから、グループ2B(人に対して発がん性があるかもしれない」に分類しました。

 

動物実験での発がん性データ











  発がん性があると断定できる証拠が十分にある 発がん性あると断定できる証拠は限られている 発がん性があると断定するには不適切な証拠しかない 発がん性がないことを示唆する証拠がある 
発がん性があると断定できる証拠が十分にある グループ1(発がん性がある) グループ1 グループ1 グループ1
発がん性あると断定できる証拠は限られている グループ2A(恐らく発がん性がある) グループ2B(発がん性がある可能性がある) グループ2B
(超低周波磁界)
グループ2B
(グループ2A) (グループ2A)
発がん性があると断定するには不適切な証拠しかない グループ2B グループ3(発がん性について分類できない) グループ3 グループ3
グループ4(恐らく発がん性がない)
発がん性がないことを示唆する証拠がある グループ3 グループ3 グループ3 グループ4

国際がん研究機関(IARC)ってどんな組織?

国際がん研究機関は、化学物質や放射線などの発がんリスクの評価を行い、それらに対するモノグラフ(専門書)を作成するために発足した世界保健機関(WHO)の外部組織です。
これまでに、935種類について分類し、そのうち、発がん性があると分類されたものは105種類、発がん性がないと分類されたものは1種類、残りは、発がん性があるかもしれない、あるいは、不適切な証拠しかないの理由から発がん性の分類が出来ないとしました。

グループ

分類基準

分類結果例

現在までに分類された物質等の総数
(2015年2月現在)

1 発がん性がある コールタール、カドミウム、ダイオキシン、タバコ、アルコール飲料、エックス線、太陽光、アスベスト、PCB、ディーゼル排ガス 116
2A おそらく発がん性がある クレオソート、日焼けマシーン 70
2B 発がん性があるかもしれない クロロホルム、鉛、DDT、コーヒー、ガソリン、漬物、ガソリンエンジン排ガス 285
3 発がん性を分類できない カフェイン、原油、水銀、サッカリン、お茶、コレステロール 506
4 おそらく発がん性はない カプロラクタム(ナイロンの一種) 1

[リンク]
公的機関の見解:WHO(世界保健機関)
公的機関の見解:国際非電離放射線防護委員会(ICNIRP)
公的機関の見解:経済産業省
公的機関の見解:電気学会

エネルギー