スマートメーターの導入について

1.ご使用量を30分ごとに計測

従来は月1回の検針により月間のご使用量を計測していましたが、スマートメーターは日々30分ごとにご使用量を計測します。

従来メーター・グラフ スマートメーター・グラフ

2. 通信機能を搭載

従来は検針員による目視検針を行っていましたが、通信機能の搭載により遠隔での自動検針が可能となります。
そのため、メーターの設置環境等により、ご協力いただいていたお立ち会いは不要となります。

検針イメージ

3. お客さま向け通信機能を搭載

スマートメーターで計測したご使用量をリアルタイムでお客さまの端末機器(HEMS・EMS等)へ送信することができます。その情報を活用することで、電気のご使用が多い時間帯などを把握し、より効果的な省エネを行うことができます。

【低圧のお客さま】

低圧のお客さま

低圧電力メーター情報発信サービス(低圧Bルートサービス)について

【高圧のお客さま】

高圧のお客さま

高圧電力メーター情報発信サービス(高圧Bルートサービス)の実施について

企業情報