東海電力部・東海支社の概要

 

今渡電力所の紹介

newpag9.jpg (5051 バイト)   今渡電力所は、木曽川下流部の岐阜、愛知、三重の3県に所在する発電所やダム、開閉所、および送電設備の管理、運営、保守に当たっています。

  送電設備は、岐阜県東北部から、愛知を経て三重県、滋賀県の一部まで、亘長約886kmに達し、主に関西地方に送電する役割を果たしています。

住所 〒509-0207

    岐阜県可児市今渡1510-1 tizubotan.gif (1841 バイト)

電話 0574-25-1125

今渡電力所の規模(平成27年6月現在)
発電所・・8箇所  ダム・・5箇所  認可出力・・409,100kW
送電設備・・支持物基数:2634基 送電線亘長:約886km        

水力発電設備概要
発電所名 認可出力
(kW)
有効落差(m) 最大使用水量
(m3/s)
型式 発電開始年月日
新大井 32,000 43.96 85.00 ダム式 昭58.4.27
大 井 52,000 42.42 139.13 ダム水路式 大13.11.28
笠 置 41,700 30.38 165.83 ダム式 昭11.11.27
新丸山 63,000 78.10 93.00 ダム水路式 昭46.5.21
丸 山 138,000 (No.1)80.89 (No.2)80.94 192.90 ダム水路式 昭29.4.9
兼 山 39,000 23.16 200.00 ダム水路式 昭18.12.28
今 渡 20,000 12.21 200.00 ダム式 昭14.3.28
美濃川合 23,400 12.36 220.00 ダム式 平7.5.24
合 計 409,100
開閉設備概要
開閉所名 最高電圧(千V)

回線数

使用開始年月

備    考

北方 154 昭和4年5月 昭和56年12月1日無人化
犬山 154 大正12年10月 昭和54年12月3日無人化
275 9(4) 昭和36年1月 昭和63年1月27日無人化 回線数( )内は、他社設備(電源開発3・中部電力1)→当社が運転・保守を受託

maehe.gif (1234 バイト)

東海支社HOME
企業情報