神戸らんぷミュージアム

最初のあかり あかりを灯す知恵 クリック!
あかりを灯す知恵
ろうそくのあかり
文明開化のあかり
あかりの大革命
資料展示室
クリック!  平安時代から江戸時代に使用された、灯台、行灯、短けい、無尽灯などの和のあたたかな「あかり」を展示。
 中でも、ネズミの形の油壺がユニークな「ねずみ短けい」や、「からくり儀右衛門」として有名な発明家、田中儀右衛門らの製作した「無尽灯」は 燃料の油が自動的に補給されるようになっており、その斬新な発想には驚かされます。
 また、「江戸期のあかり情景コーナー」では、灯台、短けい、行灯といった当時の灯火器がどのくらい明るかったのかを知ることができます。
ミュージアムカフェ
ミュージアムショップ
クリック!
クリック!
 
 

神戸らんぷミュージアムトップへ / PR館トップへ / 関西電力トップへ
企業情報