プレスリリース

プレスリリース検索
Loading
  • RSS

2016年1月2日
関西電力株式会社

姫路第二発電所2号機 ガスタービンの排気温度上昇による自動停止について

姫路第二発電所2号機(定格出力:48.1万kW)は、通常運転中の1月1日午後7時12分、ガスタービンの排気温度に通常以上のばらつき※1が確認されたことから、出力を抑制して運転し、温度変化の状態を監視していましたが、1月2日午前4時00分、同温度が規定値※2よりも高くなったことから、自動停止しました。
原因については調査中で、今後、詳細な点検を行うこととしており、復旧の見込みについては未定です。

※1 複数ある温度検出器の平均温度(定格出力時:約645℃)と個々の温度検出器の温度が、2℃以上乖離したもの。
※2 規定値は745℃。

以 上

<姫路第二発電所の概要>
  既設5号機 既設6号機 1号機 2号機 3号機 4号機 5号機 6号機
運転開始 昭和48年
10月
昭和48年
11月
平成25年
8月
平成25年
11月
平成26年
3月
平成26年
7月
平成26年
9月
平成27年
3月
定格出力 60万kW 60万kW 48.1万kW 48.1万kW 48.1万kW 48.1万kW 48.1万kW 48.1万kW

※1号機から6号機の定格出力は、運転開始当初はそれぞれ48.65万kWであったが、平成27年6月10日に発表を行った応急対策工事の実施により46万kWとなり、平成27年12月3日の届出により、48.1万kWとなったもの。

  • 所在地:兵庫県姫路市飾磨区妻鹿常盤町しかまくめがときわちょう
  • 燃料:天然ガス