プレスリリース

プレスリリース検索
Loading
  • RSS

2014年4月2日
株式会社読売新聞大阪本社
讀賣テレビ放送株式会社
MID都市開発株式会社
関電不動産株式会社
関西電力株式会社

よみうり文化センター(千里中央)再整備事業 4月着工~商業施設にイオンモールが専門店展開、関電グループは51階建てタワーマンション~

 株式会社読売新聞大阪本社と讀賣テレビ放送株式会社は、大阪府豊中市新千里東町1丁目、千里中央駅前の「よみうり文化センター※1」建て替えによる再整備事業(以下「本事業」)について、4月中旬にも商業施設1期の新築工事に着手します。本事業はMID都市開発株式会社※2、関電不動産株式会社※3、関西電力株式会社の3社(以下「関電グループ」)を共同事業者としています。着工に先立つ4月8日、事業関係者で起工式を行い、5社によるまちづくりをスタートします。
 本事業は、現施設をプールや医療モールを併設した商業施設(地上7階、地下1階)と、高さ約185mの住宅施設(地上51階、地下1階、543戸予定)に建て替える計画です。段階的に新築・解体工事を進めます。商業施設は2015年夏頃に1期分を先行開業し、全面開業は2017年春頃の予定です。店舗開発にはイオンモール株式会社※4が参画し、2期側を中心にグルメスーパーや専門店街を展開する方針です。関電グループが建設する住宅施設を含めた事業全体の完成は2019年春頃です。商業施設と住宅施設の一体整備に加え、施設沿い2階レベルに歩行者回廊(デッキ)を新設し、北大阪急行電鉄及び大阪モノレール「千里中央」駅や周辺施設との回遊性を高めます。

1.ふと立ち寄りたくなる場
 商業施設は、読売新聞と讀賣テレビが共同で建設・運営します。1977年の設立以来、地域の皆さまに親しまれてきた現施設のスイミングスクール及びダンス、ヨガなどの健康系講座は「コ・ス・パ(COSPA)」ブランドでフィットネスクラブを展開する大阪ガスグループの株式会社オージースポーツ※5がコーチ陣や指導方針を含めて承継します。このほか1期側には、現施設の多彩な専門店やクリニックなども移転する予定で、これら既存テナントが切れ目なく営業できるよう工程を組んでいます。
 読売施設内に展開するイオンモールは、郊外型大型店とは一線を画し、都心の駅前にふさわしい最先端の専門店群を呼び込む方針です。1階には高級感のある食品・食材を集めたスーパーを想定しています。2013年4月にイオン株式会社が完全子会社化した「ピーコックストア※6」の千里中央店が入居している千里大丸プラザとの機能連携も検討されます。
 ショッピング、飲食、趣味、健康、催しや憩いの場、ゆったりした歩行空間といった多面的な機能を持つ場に生まれ変わることで、千里中央地区のにぎわいづくりに寄与したいと考えています。
2.駅直結の千里ランドマーク
 関電グループは、住宅施設として読売所有地の一部に、定期借地権付きマンションを建設・分譲します。歩行者デッキで千里中央駅に直結し、千里のランドマークとなる、地上51階建て・543戸の制振タワーマンションです。関電グループの総力を挙げた取り組みにより、先進の「省エネルギー・省CO(二酸化炭素)」技術による環境配慮と、防災・災害対応の両立を実現し、住民の皆さまに安心・安全・快適な暮らしを提供します。
3.まちづくり
 豊中市は、千里ニュータウンが抱える高齢化や施設老朽化などの課題に取り組みつつ、中核拠点である千里中央駅周辺の今後10年間のまちづくりを見据えた「千里中央地区活性化ビジョン」を策定し、3月に発表しました。ビジョンは、施設の多くが老朽化で更新時期を迎えた同地区のまちづくり理念に「魅力を活かし、新たな価値を創造するまち-千里中央―」を掲げ、本事業は先行的な取り組みとされています。
 駅周辺の2階レベルには先進的な歩行者空間が整備されており、エリアの「顔」になっています。本事業では、豊中市との協定に基づく歩行者デッキなどを施設周辺に新設し、車路と分離された人にやさしい回遊ルートを拡充します。また商業施設内にイベントなどに使える吹き抜け空間、住宅施設2階には多目的スペース(小ホール)を設け、地域の交流促進や集客につなげたいと考えています。
 このほか本計画は環境省の「平成23年度サステイナブル都市再開発促進モデル事業※7」に採択されています。スマートコミュニティ化の可能性も検討するなど先進的な省エネ・省COに取り組みます。
 読売新聞大阪本社、讀賣テレビ放送、MID都市開発、関電不動産、関西電力の5社は、千里中央駅前にふさわしい価値のある複合施設を整備することで、人を呼び込み、にぎわいを創出し、末永く地域の皆さまとともに発展したいと考えています。千里ニュータウン活性化のシンボルとなるよう努めます。
  • ※1:1977年(昭和52年)、千里中央に読売新聞大阪本社と讀賣テレビ放送が設立した総合カルチャーセンター。両社の合弁会社である株式会社よみうり文化センターが運営してきた。文化・健康系講座を展開、25mプールを使ったスイミングスクールの指導に定評がある。商業店舗、金融機関、クリニックなど一般テナントも入居。これとは別に読売新聞大阪本社が100%出資する「大阪よみうり文化センター」がある。
  • ※2:関西圏を基盤とする総合不動産会社。大阪ビジネスパーク(OBP、大阪市中央区)エリアなどでの不動産開発や運営管理で実績を持つ。住宅事業では「ロジュマン」ブランドの分譲マンションを関西圏、首都圏に展開している。2009年から関西電力グループ。本社は大阪市北区。
  • ※3:旧関電産業。2004年、関西電力グループの再編に伴い不動産関連業務に特化し現社名に変更。オフィスビルや駐車場物件の提案に加え、分譲マンションのブランド「エルグレース」を展開している。本社は大阪市北区。
  • ※4:イオン株式会社の傘下でイオングループの中核を担う専門店街の開発会社。東証1部上場。企画・開発から運営・管理まで一貫して手がける。テナント誘致に強く、開発したモールは服飾や生活雑貨、レストラン、各種サービスなど店舗種類の多さが特徴。中国や東南アジアなど海外を含むモール数は2014年2月末時点で138店。本社は千葉市美浜区。
  • ※5:大阪ガス株式会社100%出資。主に関西圏で「コ・ス・パ(COSPA)」ブランドのフィットネスクラブ27店、テニスクラブ7店を展開。このほか総合多目的アリーナ「大阪府立門真スポーツセンター(なみはやドーム)」(大阪府門真市)など10施設を受託運営している。本社は大阪市中央区。(店舗数・施設数は2014年4月時点)
  • ※6:1951年設立のスーパーマーケットでJ.フロントリテイリングの100%子会社だったが、2013年4月、イオン株式会社が全株式を取得して子会社化。社名はイオンマーケット(本社・東京都杉並区)。輸入食材や付加価値の高い商品の品揃えに強い。3大都市圏に82店舗(2013年3月時点)を展開。
  • ※7:先進的な温暖化対策に取り組む都市再開発事業者への環境省の支援事業。効果的なCO削減を中心とした環境への配慮が目的。2009年度から3か年行われ、最終の2011年度には、よみうり文化センター(千里中央)再整備など計11件が採択された。

以 上