プレスリリース

プレスリリース検索
Loading
  • RSS

2013年9月9日
関西電力株式会社

御坊発電所3号機 発電機の水素ガス密封油配管フランジ部からの水素ガス漏れについて

 御坊発電所3号機(定格出力:60万kW)は、停止中の9月8日19時30分頃、発電機内に封入している水素ガス※1の日量補給量が管理値を超過していたため、当社作業員が発電機周辺を点検したところ、22時40分頃、発電機の密封油※2配管フランジ部※3から水素ガスが漏れていることを確認しました。

 現在、原因調査を行っており、今後、当該部分の修理を行いますが、修理完了の時期については未定です。

 なお、御坊発電所3号機については、本日早朝より起動する予定でしたが、本事象により、起動を中止しております。

※1 水素ガス・・・
発電機の効率化(通風損失低減・冷却効率向上)のために使用しているもの。
※2 密封油・・・
発電機の軸貫通部からの水素ガスの漏洩を防ぐもの。
※3 配管フランジ部・・・
配管と配管をボルトにて接続している部分。
<御坊発電所の概要>
  1号機 2号機 3号機
運転開始 昭和59年9月 昭和59年11月 昭和60年3月
定格出力 60万kW 60万kW 60万kW
  • 所在地:和歌山県御坊市塩屋町南塩屋字富島1-3
  • 燃 料:原油および重油

以 上

<添付資料>