プレスリリース

プレスリリース検索
Loading
  • RSS

2013年5月17日
関西電力株式会社

御坊発電所3号機 ボイラ燃焼用空気漏れに関する点検結果について

 御坊発電所3号機(定格出力:60万kW)は、通常運転中の5月14日午後1時頃、協力会社作業員から、燃焼用の空気をボイラへ送るダクトの伸縮継手の一部が破損しているとの連絡を受け、当社作業員が現地点検を実施したところ、伸縮継手の破損箇所から空気が漏れていることを確認したため、同日午後2時33分に運転を停止しました。

5月14日お知らせ済み]

 その後、該当箇所の詳細な調査を行った結果、原因については、長時間の使用および起動停止に伴う伸縮を繰り返したことにより、伸縮継手部分が劣化し、ダクトを通過する燃焼用の空気の圧力によって損傷に至り、燃焼用空気が漏れたものと推定しました。

 今後、破損のあった伸縮継手部分の取替えを行い、5月18日の夜間に空気の漏洩試験を実施し、運転に支障がないことを確認した上で起動操作を開始し、翌5月19日に通常運転を開始する予定です。

  • ※ 伸縮継手 … ダクトの伸びを吸収する継手
<御坊発電所の概要>
  1号機 2号機 3号機
運転開始 昭和59年9月 昭和59年11月 昭和60年3月
定格出力 60万kW 60万kW 60万kW
所在地:和歌山県御坊市塩屋町南塩屋字富島1−3
燃料:原油および重油

以 上