経営理念・経営計画・ブランドステートメント

1-1. 中期経営計画の策定

エネルギー新時代における新たな成長を目指し、中期経営計画を策定します。

  • 電力の小売全面自由化をはじめ、電気事業を取り巻く環境が劇的に変化する一方で、ガスの小売全面自由化を含め、事業機会が拡大しています。
  • こうした環境変化に積極的に対応し、2016年3月に策定した「関西電力グループビジョン」の『ありたい姿』を実現するため、新たに中期経営計画を策定します。
理念体系図 経営理念 経営の基本的な目的、経営姿勢 関西電力グループビジョン 当社グループがめざす将来のありたい姿  私たちの基本姿勢 会社と従業員の行動を方向付ける基本的な考え方  ブランドステートメント "power with heart"

経営理念

私たち関西電力グループは、安全最優先と社会的責任の全うを経営の基軸に位置づけ、「お客さまと社会のお役に立ち続ける」ことを使命に、明るく豊かな未来を実現し、ともに歩んでいきます。

私たちの基本姿勢

関西電力グループは、人を大切にするという考えのもと、公正な事業活動を通じて、社会の持続的な発展に貢献します。
私たち一人ひとりは、これまで培ってきた「使命感」や「チャレンジ精神」を発揮し、良き社会人として自らの業務に最善を尽くすとともに、次の基本的責務を果たします。

【基本的責務】
  • ・安全の確保を最優先にします
  • ・CSRを確実に実践します
  • ・変わらぬ使命のために、変わり続けます

関西電力グループビジョン

[ありたい姿]

お客さまの立場に立った安心、快適、便利なサービスを幅広くお届けし、くらしとビジネスのべストパートナーとして信頼され、選ばれることで、国内外において成長を続けながら、エネルギー分野における日本のリーディングカンパニーとしての役割を果たしていきます。

企業情報