経営理念・経営計画・ブランドステートメント

3-3-3. 人材基盤の強化

エネルギー新時代にふさわしい人材基盤の強化や組織風土の改革により、変革と挑戦を加速します。

  • 「Speciality」・「Diversity」を両輪として、競争時代を勝ち抜く強い人材と組織を実現
  • 新たな成長を実現するための取組みを加速させるために、「強く、しなやかな組織風土」への改革を推進

足元3カ年の取組み

「人財力」改革
  • 競争力の強化・生産性の向上に向け、人材確保・活躍の選択肢を拡大するとともに、人材の専門性を伸ばすための育成・配置をグループ全体で推進
    (高度専門人材の確保、国際事業やグループ事業を含めた新たな領域での活躍推進  等)
  • 従業員のさらなる活躍に向けた、人事・賃金制度等の仕組みを整備
「働き方」改革
  • 「働きやすい環境整備」と「意識改革」により、オンとオフのメリハリをつけた生産性の高い働き方を実現
ダイバーシティ推進
  • 一人ひとりの「ちがい」を尊重し、多様な価値観や発想を組織の力にすることで、新たな価値が創造される、競争力ある企業グループを実現
  • 性別や年齢等の属性に関わらず、誰もが能力を最大限発揮できる働き方を実現
【さらなる女性活躍に向けた目標】

・2020年度末までに、女性役職者比率を2013年度の倍以上とする。
・事務系採用における女性比率を40%以上とする。

組織風土改革
  • 重視すべき価値観や行動様式を明確にし、「強く、しなやかな組織風土」を目指して改革を推進
企業情報