経営理念・経営計画・ブランドステートメント

3-3-1. 盤石な送配電事業の推進

事業環境認識

  • 電力システム改革に伴うライセンス制導入、電力の小売全面自由化および法的分離
    (中立性・公平性の確保、安全・安定供給のための調整力の確保、最終保障供給の責務)
  • 設備高経年化の進展
  • 省エネや人口減少、再エネ・自家発の普及拡大等により、流通対応需要(※)の大きな伸びは期待できない可能性
    ※当社の流通設備を通じて供給される関西エリア全体の電力需要

社会基盤の担い手として、安全に安定した電気を低廉な価格でお届けすることに加え、
技術・ノウハウを活かした新サービスに挑戦し、社会に貢献します。

足元3カ年の取組み

ベース分野
  • 電気の安全・安定供給とお客さまのニーズへの対応
    • 中立性の確保を前提とした、的確な託送サービスの提供
    • センサー・診断技術等を活用した設備高経年化対策の確実な実施
    • 設備利用率向上に向けた送配電ネットワークの再構築
    • 各種業務効率化の取組みの推進
    • 再エネの普及に対応した電力系統スマート化の推進
    • スマートメーター導入の拡大
成長分野
  • 流通対応需要増加に向けた取組みや新たなサービスへの挑戦
    • アクセスしやすい系統情報の社会への発信
    • 海外における送配電事業コンサルの拡大
    • 蓄電池を活用した送配電ネットワークの高度化
[送配電事業の目指す姿イメージ]
電気事業分野 安心安定供給 お客様のニーズに応える 新たな事業領域 新たなサービスへの挑戦 私たちの事業基盤 安全文化と変革の組織風土 地域社会への貢献 健全な財務体質
企業情報