経営理念・経営計画・ブランドステートメント

3-2-1. 国際事業の飛躍的な成長

事業環境認識

  • 東南アジア、インド、中東、中南米などの新興諸国では電力需要の大幅な伸びが続く見込み
  • 水力、火力、送配電等の技術力は、海外事業における大きな強み
  • 現地政府・企業等とのネットワークの強化や情報収集能力等に長けた人材の育成・獲得が必要

投資対象や地域を積極的に拡大し、国内トップクラスの海外IPP事業者を目指します。

国際部門収支グラフ 累計投資額グラフ

足元3カ年の取組み

新規案件
  • 確実な新規案件獲得に向けた案件獲得力の強化
    • 商社等との連携、アライアンスの推進
    • 海外事務所の設置等を通じた現地ネットワークの強化
  • 投資地域、対象を拡大
    (北米・欧州、再生可能エネルギー等)
既存案件
  • 開発中案件の着実な推進と投資済み案件からの確実な収益確保
事業基盤
  • 高い専門性や豊富な経験をもつ国際人材の育成・獲得
企業情報