経営理念・経営計画・ブランドステートメント

3-1-5. コスト構造改革のさらなる推進<経営効率化計画>

競争力の強化に向け、コスト構造改革による徹底的な効率化を推進します。

足元3カ年の取組み

調達・物流改革
  • 業界トップクラスの調達効率化の実現や、調達改革のグループ全体への展開によるさらなる費用低減
  • 3PL(Third-Party Logistics)による物流業務の高度化・効率化
業務プロセス改革
  • 競争力の強化に向けた業務プロセス改革の推進
    • 料金業務をはじめとする営業ベース業務の効率化
    • 火力発電所運営における業務改革  等
(参考)これまで実施してきた業務プロセス改革

・人事・労務関係業務のオフショアBPO(中国・大連市)
・その他管理間接業務におけるグループ会社との役割分担の見直しや集約化
 (経理業務、総務業務、情報機器管理業務、社宅・寮管理業務 等)

継続的な効率化の推進
  • 震災以降取り組んできた持続可能な効率化の継続・深掘り
    • 機器点検方法・工法の見直し
    • 余寿命診断による改修時期の見極め  等
更なる抜本的な効率化
  • 需給バランスを見極めた上での電源効率化の検討

上記効率化の推進や各事業の収益拡大によって、2025年度までに生産性(※)を5割以上向上

※従業員1人当たりの経常利益

(参考)これまでの効率化取組み<経営効率化計画>

効率化取組み

  • 2013~2015年度において、当社は、2度の電気料金値上げの実施等を背景として、値上げ申請当初にお示しした経営効率化計画のみならず、ご指摘を賜りました査定額も含めた経営効率化の目標額について、当社グループの総力を挙げて、徹底した経営効率化に努めることで、経営全般において達成することができました。
  • 2016年度は、これまで取り組んできた効率化施策や、新工法の採用や業務運営方法の見直し、資機材調達コストの低減等にもさらに取り組むことで、引き続き、徹底した経営効率化に努めてまいります。

2013~2015年度の効率化取組み状況

(単位:億円)

2013年度 2014年度 2015年度 主な取組みの内容
目標 実績 目標 実績 目標 実績
需給関連費用 343 445 633 941 914 624
  • 姫路第二発電所のコンバインドサイクル化
  • 卸電力取引所からの安価な電力の購入
設備投資
関連費用
86 98 98 103 117 128
  • 調達価格の低減
  • 工事実施時期や内容の見直し
修繕費 296 470 371 607 370 628
  • 調達価格の低減
  • スマートメーターの価格低減
人件費 451 373 453 376 465 490
  • 役員・顧問報酬のさらなる低減
  • 基準賃金の減額や、賞与の支給見送り
諸経費等 491 446 506 526 489 612
  • 調達価格の低減
  • 各費用での効率化施策の推進
合計 1,667 1,833 2,060 2,553 2,355 2,481
  • いずれも効率化目標額を達成

(目標額 = 経営効率化計画 + 査定額)
(四捨五入の関係で合計が一致しない場合がある)

(参考)主な効率化事例<経営効率化計画>

<燃料の転換>火力発電所の燃料転換

相生発電所1号機(1982.9運開)および3号機 (1983.1運開)にて、2016年度から、現行の重油・原油に加えて、より安価で環境性に優れる天然ガスを利用することにより、火力燃料費を低減

  設備更新前 設備更新後(2016年度~)
定格出力 各37.5万kW 各37.5万kW
燃料 重油・原油 天然ガス、重油・原油※1

※1 供給安定性をより高めることができることから、天然ガス利用開始以降も、重油、原油を利用できる仕様

<仕様の見直し>アルミ電線の採用

  • これまで銅電線を採用してきた配電線に、新たに開発した「低風圧アルミ電線」を採用することにより、安全・安定供給と資材費低減を両立
  • 現在、一部の地域で導入を開始しており、2016年度からは管内全域に導入予定
  • 導入により、資材費の効率化として銅電線の20%程度(電線サイズによる)のコスト低減効果に加え、応力腐食断線のリスク回避につながる見込み
低電圧アルミ電線の断面図
低電圧アルミ電線の断面図
低電圧アルミ電線の原理
低電圧アルミ電線の原理イメージ

<業務運営方法の見直し>プリンタ運用のアウトソースサービス利用

  • 従来は自社でプリンタを所有・管理し、利用をしていたが、MPS(マネージメント・プリント・サービス※2)を利用し、印刷業務に係るトータルコストを低減
    ※2 プリンタを自社で所有せず、印刷環境の構築・運用をアウトソースするサービス
  • 具体的には、印刷枚数見合いでの台数や配置の最適化や、全社のプリンタを一括し複数ベンダから1社へ集約化、消耗品管理や機器ごとのリース・購入手続き等の定型業務の外部化により、トータルコストを低減
低電圧アルミ電線の原理イメージ
企業情報