お知らせ・更新情報

2018年6月29日

大飯発電所1、2号機定期安全レビュー(第3回)結果について

 当社は、本日、大飯発電所1、2号機(2018年3月1日廃止)について、定期安全レビューを実施した結果をとりまとめましたので、お知らせします。

 定期安全レビューは、「実用発電用原子炉の設置、運転等に関する規則」に基づき、原子炉設置者が原子炉ごとに「原子炉施設における保安活動の実施状況」および「原子炉施設における保安活動への最新の技術的知見の反映状況」等を定期的(10年を超えない期間ごと)に評価する活動です。

 今回の大飯発電所1、2号機の定期安全レビューは、2008年7月に公表した評価に次ぐ3回目の評価であり、結果としては、保安活動が継続的に改善され、安全性・信頼性の維持・向上が適切に図られていることを確認しました。

 当社は、今後とも安全確保を最優先として、原子力発電所の安全性・信頼性のより一層の向上に取り組むとともに、大飯発電所1、2号機の廃止措置について、安全最優先で確実に進めてまいります。

以 上

※:定期安全レビューは「実用発電用原子炉の設置、運転等に関する規則」に基づく活動である(ただし、廃止措置計画の認可を受けた原子炉は適用外と規定)。
大飯発電所1、2号機(2018年3月1日廃止)は、現在、廃止措置計画の申請準備中であることから、定期安全レビューを実施した。