このサイトでは、レイアウト設定のため、スタイルシートとJavascriptを使用しております。ご覧のブラウザは、スタイルシートに未対応のため、本来のレイアウトとは異なって表示されます。あらかじめご了承ください。

電力需要と日々のピーク時供給力の関係

印刷用ページ(PDF)
電力需要と日々のピーク時供給力の関係 グラフ

(参考)ピーク時に活躍する揚水発電

【揚水発電の仕組み】

発電所の上部と下部に大きな池(調整池)をつくり、昼間の電力需要の多いときは上の調整池から下の調整池に水を落として発電し、発電につかった水は下部の調整池に貯めておきます。

一方で、夜は逆に電力消費が少なくなります。そこで、夜間に余裕のできた火力・原子力発電所の電力を利用して、揚水発電下部の貯水池から上部の貯水池まで発電用水を汲み上げ、再び昼間の発電に使います。

機能は「横幅480キーボード自動再生」と同じ。解析のために追加
(参考)ピーク時に活躍する揚水発電 図
電力需給のお知らせの説明
供給力が毎日変わる理由

このページのトップへ戻る